レアル久保、華麗な高速“コンボ技”に止まない反響 海外メディア脱帽「幻覚を起こす」

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

クロース、ナチョ、カルバハルを置き去り 最後はアザールも翻弄する圧巻ゴラッソ

 スペインの名門レアル・マドリードのMF久保建英が、トレーニング中に披露した圧巻のテクニックとゴールに依然として熱視線が注がれている。新加入のベルギー代表MFエデン・アザールも幻惑したドリブル→フェイント→ゴラッソの“コンボ”に、海外メディアも「久保が“いたずら”で幻覚を起こす」と伝えている。

 今夏、FC東京からレアルへの移籍が決まった久保は、フベニールA(U-19)で選手登録されたが、Bチーム(カスティージャ/3部)が主戦場となる見込みで、トップチームでのプレーも期待されている。

 プレシーズンではトップチームの北米ツアーに帯同。20日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半頭からピッチに投入され、「背番号26」を背負った18歳の日本人アタッカーは“白い巨人”デビューを果たした。23日のアーセナル戦(2-2/PK3-2)では出場機会がなかったものの、26日(日本時間27日)のアトレチコ・マドリード戦で出場が予想されている。

 反響が拡大しているのが21日のトレーニングだ。5対5のミニゲームが実施され、久保はスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチらと同グループでプレー。後方でボールを受けた久保は、反転する際に巧みなタッチでドイツ代表MFトニ・クロースをかわすと、即座にカバーリングに入ったスペイン代表DFナチョのスライディングタックルを回避し、そのまま相手ゴールへ突進した。

 危機を察知したスペイン代表DFダニエル・カルバハルが突破を止めにかかったが、久保は一気にスピードアップして置き去りにすると、最後に立ちはだかったアザールをまたぎフェイントで手玉に取って右足シュート。鋭い一撃でベルギー代表GKティボー・クルトワからゴールを奪った。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング