【18日の移籍動向】DFデ・リフトのユーベ移籍決定! W杯で活躍の英代表DFはアトレチコへ

ユベントスに加入したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト【写真:Getty Images】
ユベントスに加入したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト【写真:Getty Images】

DFトリッピアーがアトレチコ移籍 “マテラッツィ2世”と称されるマンチーニはローマへ 

 イタリア・セリエAのユベントスは日本時間18日、オランダ1部のアヤックスからオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを完全移籍で獲得したと発表した。

 アヤックスの下部組織出身のデ・リフトは、2016年11月に17歳の若さでトップチームデビュー。翌年3月にはA代表に飛び級で選出され、その実力は瞬く間に世界中へと知れ渡った。2018-2019シーズンは前シーズンに大怪我を負ったDFヨエル・フェルトマンに代わってアヤックスで主将を務め、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でのベスト4進出に大きく貢献していた。また、ユベントスは昨年のクリスティアーノ・ロナウドに続き、2年連続でCL敗退に追い込まれたチームから選手を補強することとなった。

 また、イタリアでは同日、ローマがアタランタからイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したと発表した。

「マテラッツィ2世」と称されるマンチーニは2017年夏にアタランタに加入。昨季序盤にスタメンに抜擢されると、空中戦の強さを武器にレギュラーに定着した。セリエAで5ゴールを記録するなどセットプレーのターゲットとしても機能し、アタランタの3位フィニッシュに大きく貢献していた。ローマは、今夏に5シーズンに渡ってレギュラーを務めていたコスタス・マノラスがナポリへと移籍しており、センターバックの補強が急務だった。

 スペイン1部では、アトレチコ・マドリードがイングランド・プレミアリーグのトッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを完全移籍で獲得したと発表した。

 14年夏にバーンリーよりトッテナムに加入したトリッピアーは、イングランド代表DFカイル・ウォーカーがマンチェスター・シティへと移籍した2017-18シーズンよりレギュラーに定着。昨年行われたロシアW杯では1ゴール1アシストを記録し評価を大きく高めたが、クラブでは低調なパフォーマンスに終わり今夏の放出候補となっていた。

<ドイツ/ブンデスリーガ>
■ライプツィヒ
MF クリストファー・エンクンク パリ・サンジェルマン(フランス1部)より完全移籍で加入

<スペイン/ラ・リーガ>
■アトレチコ・マドリード
DF マリオ・エルモソ エスパニョールより完全移籍で加入

<フランス/リーグ・アン>
■リール
MF バンジャマン・アンドレ スタッド・レンヌより完全移籍で加入

<オランダ/エールディビジ>
■PSV
DF オリビエ・ボスカリ ニース(フランス1部)より完全移籍で加入

<ベルギー/ジュピラー・プロ・リーグ>
■アンデルレヒト
DF フェリッペ・サンドレル マンチェスター・シティ(イングランド1部)よりレンタル移籍で加入

<J1>
■ガンバ大阪
MF 鈴木雄斗 川崎フロンターレよりレンタル移籍で加入

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング