引退発表のトーレス、「最も記憶に残るゴール」に再脚光…44年ぶり戴冠に導く一撃

スペイン代表で輝かしいキャリアを残したFWトーレス【写真:Getty Images】
スペイン代表で輝かしいキャリアを残したFWトーレス【写真:Getty Images】

2008年のEURO決勝ドイツ戦、優勝決定弾をスペイン紙が選出

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが21日、今季限りでの現役引退を発表した。英雄の決断は当然、母国スペインでも大々的に報じられている。スペイン紙「マルカ」では数あるトーレスのゴールのなかでも「最も記憶に残る」ものとして、2008年の欧州選手権(EURO)決勝ドイツ戦(1-0)で生まれた一撃を取り上げている。

 アトレチコ・マドリードでは10代でキャプテンに就任し、エースとして活躍。リバプールでもゴールを量産し、チェルシーではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇も成し遂げた。110キャップを誇るスペイン代表でも2度のEURO優勝と、2010年南アフリカ・ワールドカップ優勝を果たすなど、そのキャリアは輝かしいものだ。

 そんなストライカーもついに現役引退を決断した。その瞬間が日本で訪れたことは、日本のサッカーファンにとっては感慨深い思い出となりそうだ。

 幾多のゴールを量産してきたトーレスだが、マルカ紙は「彼の最も記憶に残るゴールは、まず間違いなく2008年の(EURO)決勝ドイツ戦(1-0)で生まれたものだろう」と紹介。トーレスも、そのゴールについてこう振り返っている。

「僕はDFラインとの間でシャビ(・エルナンデス)を見たんだ。彼は一人でフリーになっていた。僕は少し右サイドに開いてスペースを作ってから、ゴールに向かってダイアゴナルに走ろうとしたんだ。(フィリップ・)ラームが近くにいて上手くコントロールできなかったけど、そのまま外側を走り続けた。その時(GKのイェンス・)レーマンはまだ飛び出していなかった。だから僕はDFを抜いて、GKよりも先に(ボールに)触れると思った。だから僕は一気に加速した。それからのことは、歴史に残っている」

 シャビのスルーパスに反応し、スピードでラームを抜き去ったトーレスは、ボールに飛びついたレーマンの鼻先でボールをちょこんと浮かした。ボールは無人のゴールへと転がり込み、これが決勝点となってスペインはドイツに勝利した。

 トーレスは“無敵艦隊”と呼ばれながら、長くタイトルと縁がなかったスペインを44年ぶりのヨーロッパ王者に導いた。そしてこの得点は、トーレスのキャリアのなかでも最も記憶に残り、そして重要な意味を持つ得点となった。スペインの英雄は今季限りでスパイクを脱ぐが、このゴールは永遠に語り継がれることになるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」