日本代表、ウルグアイ戦前半は1-1 MF三好が先制弾もスアレスのPKで追いつかれる

1-1でハーフタイムを迎えた【写真:Getty Images】
1-1でハーフタイムを迎えた【写真:Getty Images】

前半25分に三好が先制ゴールも、VARの介入から与えたPKで同点弾を浴びる

 日本代表は招待参加している南米選手権(コパ・アメリカ)の第2戦で、現地時間20日にウルグアイと対戦。日本はMF三好康児のシュートで先制したものの、FWルイス・スアレスのPKで追いつかれ1-1でハーフタイムを迎えた。

 日本は4-2-3-1を採用。2列目は右からMF三好康児、MF安部裕葵、MF中島翔哉が並び、1トップはFW岡崎慎司が入った。一方のウルグアイはFWルイス・スアレスとFWエディンソン・カバーニの強力アタッカーがいずれもスタメンで日本に襲い掛かった。

 試合開始から1分、センターサークル付近で日本からボールを奪ったスアレスはボールを落ち着ける間もなくそのままシュートを狙った。GK川島永嗣の頭上を狙った一撃はわずかにクロスバーの上へ外れ、いきなり肝を冷やすことに。しかし、日本も前半3分に三好が右サイドを縦に突破してマイナスのボールを入れ、ニアサイドで岡崎が合わせるビッグチャンス。これもわずかに枠を外れたが、激しい立ち上がりになった。

 ウルグアイは同13分、日本がコーナーキックからDF杉岡大暉が当たりの悪いシュートを放ったところから高速カウンターを発動。右サイドをカバーニが一気に突破してゴールライン付近まで進出すると、中央に戻したボールをフリーでスアレスがヘディング。これは川島の正面に飛んで事なきを得たが、お家芸の高速カウンターの威力を見せつけられた。

 そのなかで先制に成功したのは日本だった。同25分、左サイドで狭いところに追い込まれたMF柴崎岳が一気に逆サイドへ展開すると、左サイドバックのDFディエゴ・ラクサールが足を痛めてプレーへの参加が遅れてフリーになったスペースで三好が一気にドリブルで前進。中央に走り込む選手へのラストパスを意識させた三好は右足でそのままシュートを放つと、これがゴールへ突き刺さって1-0と先制に成功した。

 ウルグアイはラクサールがDFジョバンニ・ゴンサレスと交代となったが、そうしたなかでカバーニがシュートを放とうとした場面で、ブロックに入ったDF植田直道の足がカバーニを蹴ったとして、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言で映像が確認されると、ウルグアイにPKが与えられた。これを同32分にスアレスが冷静に蹴り込んで同点とした。

 その後にもカバーニのミドルシュートがクロスバーを直撃するなど、日本は危険な場面も作られたが1-1でハーフタイムを迎えた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング