「2人のマークを置き去りにした」 永井の“キレキレ切り返し弾”に対戦国メディア驚愕

日本代表FW永井謙佑【写真:Getty Images】
日本代表FW永井謙佑【写真:Getty Images】

永井がエルサルバドル戦で代表初得点を含める2ゴールを記録

 日本代表は9日、国際親善試合でエルサルバドルと対戦。前半19分にFW永井謙佑(FC東京)が代表初ゴールを決め、先制点を奪った。切れ味鋭い切り返しからの一撃に対戦国のエルサルバドル紙「エル・グラフィコ」も「2人のマークを置き去りにし、パワフルな一撃を打ち込んだ」と驚きを示している。

 5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)から6人の先発変更を行った森保一監督だが、この日も3-4-2-1システムを採用。試合は序盤から両ウイングバックに入ったMF伊東純也(ヘンク)とMF原口元気(ハノーファー)から、サイドのスペースを突く果敢な攻撃を仕掛ける展開となる。

 そして0-0で迎えた前半19分、3バックの一角に配置されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)が右サイドのスペースにロングレンジのスルーパスを送ると、永井が反応して裏に抜け出す。相手選手2人が突破を阻もうとプレッシングをかけてくるも、鋭い切り返しで置き去りにし、左足を振り抜きゴール右隅を射抜いた。

 記事では、永井のスピードを生かした一撃の場面について「日本はエルサルバドルの手薄なブロックの隙を突くと、永井が2人のマークを置き去りにし、パワフルな一撃を打ち込んだ」と紹介している。その後、前半41分には永井が2ゴール目を決め、2点のリードを持って前半を折り返すことに成功した。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング