「0-0狙い」か、攻撃主体か 浦和攻撃陣がACLの大一番に見据える“理想のシナリオ”

浦和レッズのFW興梠慎三(左)、FW武藤雄樹(右)【写真:Getty Images】
浦和レッズのFW興梠慎三(左)、FW武藤雄樹(右)【写真:Getty Images】

0-0ならばグループ突破、1-1はアウェーゴールの差で敗退 興梠と武藤の見解は…

 浦和レッズは21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、2位通過が懸かったホームの北京国安(中国)戦を迎える。0-0の引き分けなら突破が決まる状況から守備がフォーカスされるなか、攻撃陣はどのようにゲームを捉えているのだろうか。

 浦和が属するグループGは全北現代(韓国)がすでに勝ち点12で1位通過、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が勝ち点3での4位敗退が決まっている。そして、勝ち点7で並ぶ浦和と北京国安が2位の座を争う構図になった。そのため、まずは勝利チームが突破を決める。引き分けた場合は勝ち点が8で並ぶため、直接対決の結果で比較される。

 初戦は北京国安のホームで0-0の引き分けだったため、最終節も0-0で引き分ければグループ全体での得失点差で優位に立つ浦和が2位となるが、1-1以上の引き分けはアウェーゴール数の差で北京国安が逆転する。

 スコアレスドローだったアウェーゲームに出場していたFW興梠慎三は、試合前日会見で「アウェーで対戦した時、90分を通して相手にボールを持たれる時間が長く続いてしまった」と振り返る。そのうえで「後ろからボールを回して打開するチームですので、前からプレスをかけて奪うのが理想ですけど、相手の前線には1人で打開できる外国人選手が3人いますので、その3人が持った時には早いプレスが必要だと思います。何より、僕たちも連戦ですけどハードワークが必要ではないかと思います」と、ゲームのポイントを語った。

 また、そのゲームでは負傷からの復帰が叶わずに欠場したFW武藤雄樹は、その強力外国人トリオであるブラジル代表MFレナト・アウグスト、元スペイン代表MFホナタン・ビエラ、コンゴ代表FWセドリック・バカンブのプレーぶりを見ての印象として、弱点もあると考えていると話す。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング