「0-0狙い」か、攻撃主体か 浦和攻撃陣がACLの大一番に見据える“理想のシナリオ”

浦和レッズのFW興梠慎三(左)、FW武藤雄樹(右)【写真:Getty Images】
浦和レッズのFW興梠慎三(左)、FW武藤雄樹(右)【写真:Getty Images】

0-0ならばグループ突破、1-1はアウェーゴールの差で敗退 興梠と武藤の見解は…

 浦和レッズは21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、2位通過が懸かったホームの北京国安(中国)戦を迎える。0-0の引き分けなら突破が決まる状況から守備がフォーカスされるなか、攻撃陣はどのようにゲームを捉えているのだろうか。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和が属するグループGは全北現代(韓国)がすでに勝ち点12で1位通過、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が勝ち点3での4位敗退が決まっている。そして、勝ち点7で並ぶ浦和と北京国安が2位の座を争う構図になった。そのため、まずは勝利チームが突破を決める。引き分けた場合は勝ち点が8で並ぶため、直接対決の結果で比較される。

 初戦は北京国安のホームで0-0の引き分けだったため、最終節も0-0で引き分ければグループ全体での得失点差で優位に立つ浦和が2位となるが、1-1以上の引き分けはアウェーゴール数の差で北京国安が逆転する。

 スコアレスドローだったアウェーゲームに出場していたFW興梠慎三は、試合前日会見で「アウェーで対戦した時、90分を通して相手にボールを持たれる時間が長く続いてしまった」と振り返る。そのうえで「後ろからボールを回して打開するチームですので、前からプレスをかけて奪うのが理想ですけど、相手の前線には1人で打開できる外国人選手が3人いますので、その3人が持った時には早いプレスが必要だと思います。何より、僕たちも連戦ですけどハードワークが必要ではないかと思います」と、ゲームのポイントを語った。

 また、そのゲームでは負傷からの復帰が叶わずに欠場したFW武藤雄樹は、その強力外国人トリオであるブラジル代表MFレナト・アウグスト、元スペイン代表MFホナタン・ビエラ、コンゴ代表FWセドリック・バカンブのプレーぶりを見ての印象として、弱点もあると考えていると話す。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も