マンU黄金期のOB、迷走する古巣を痛烈批判 「酷い。最も失望させられたグループ」

ユナイテッドは来季CL出場権獲得となる4位以内の可能性が消滅した【写真:Getty Images】
ユナイテッドは来季CL出場権獲得となる4位以内の可能性が消滅した【写真:Getty Images】

最下位ハダースフィールドに1-1ドローで今季プレミアの5位以下が確定

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間5日に行われたプレミアリーグ第37節でハダースフィールドに1-1で引き分け、来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得圏内である4位以内を逃した。クラブOBである元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏は、「このユナイテッドに好きなところが全くない」と古巣を痛烈に批判している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ユナイテッドは前半8分に、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイが左足のシュートを決めて先制した。追加点を奪うことはできず、最小限のリードで後半に突入すると、迎えた同15分にGKを起点としたカウンターからFWイサク・ムベンザに同点弾を許した。

 まさかのドローに終わり、これで公式戦5試合未勝利(2分3敗)と不振が続くユナイテッド。古巣の現状を目の当たりにしたネビル氏は、そのパフォーマンスは最下位ハダースフィールドにも劣るものだと厳しい評価を与えている。

「今季のハダースフィールド・タウンはシーズンを通して苦しんでいる。彼らを見ていても、そこにクオリティーは感じられない。だが正直言って、赤いシャツのチームよりは見ていたいチームだった。少なくとも彼らには一体感があった。このユナイテッドには私の好きなところが全くない。酷い。最も失望させられたグループだ」

 昨年12月にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、その代役としてオレ・グンナー・スールシャール監督が後任に就いた。就任当初は立て直しに成功したが、調子は右肩下がりで直近11試合の成績は2勝2分7敗。ノルウェー人指揮官への風当たりも強くなっている。

 暗いトンネルの中をさまよい続ける“赤い悪魔”の様子に、OBのネビル氏も落胆の色を隠すことができなかった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング