「すぐにポルトに連絡した」 モウリーニョ、“対立経験”を持つカシージャスの容態心配

モウリーニョ氏が、急性心筋梗塞で入院したカシージャスを気遣い連絡をとったという【写真:Getty Images】
モウリーニョ氏が、急性心筋梗塞で入院したカシージャスを気遣い連絡をとったという【写真:Getty Images】

レアル時代の不仲を認めつつ、現在は関係に問題がないことを強調

 昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任してから、フリーとなっているジョゼ・モウリーニョ氏が、急性心筋梗塞で入院したポルトのスペイン代表GKイケル・カシージャスを気遣い、自身にとっても古巣に連絡をとったという。スペイン紙「マルカ」が、ポルトガル人監督のコメントを伝えている。

 カシージャスは1日のトレーニング中に心臓発作を起こし、病院へ緊急搬送された。現在では状態は安定しており、命に別状はないと伝えられているが、世界中を驚かせた突然の出来事に、かつてレアルでともに仕事をしていたモウリーニョ氏も心配したという。

 モウリーニョ氏とカシージャスは、レアル時代に難しい関係にあったことは周知の事実だ。しかし、過去の因縁を気にすることなく、モウリーニョ氏はカシージャスの状態を確認するため、2003-04シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した古巣に連絡を取ったという。

「その知らせを聞いて非常に落胆し、即座にポルトに連絡したよ。ポルトには私がこれまで一緒に仕事をしたなかでも、ベストの一つに挙げられる素晴らしい医療チームがある。心配はないだろう」

 またモウリーニョ氏は、カシージャスをレアルの正守護神から降ろした2012-13シーズンについて振り返り、2人の関係についても続けた。

「私が彼をチームから外し、私たちの間に対立があったのは、誰もが知っていることだ。あれは、レアル・マドリードのキャプテンと監督としての対立だった。あの決断をすることは、私にとっても簡単ではなかったし、それを受け入れることは、彼にとっても簡単ではなかったはずだ。しかし、私たちは人々が考えているような関係ではなく、ポジティブな関係にある」

 名将として鳴らしたモウリーニョ氏は、2人の間にわだかまりがないことを強調していた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング