マンU、黄金期を知るレジェンドDFが幹部として“復帰”か すでに交渉中と英紙報道

マンチェスター・ユナイテッドOBのファーディナンド氏【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドOBのファーディナンド氏【写真:Getty Images】

12年間で6度のプレミア制覇経験の元英代表DFファーディナンド氏

 マンチェスター・ユナイテッドは、かつてクラブに在籍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏を新たなスポーツディレクターとして復帰させることを真剣に検討しているようだ。英紙「ミラー」が報じている。

 96年にウェストハムでキャリアをプロデビューし、リーズ・ユナイテッドを経て02年にユナイテッドに加入したファーディナンド氏。不動のディフェンスリーダーとしてチームの中心を担うと、12シーズンで300試合以上のリーグ戦に出場した。また6度のプレミアリーグ制覇を経験し、07-08シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを獲得。イングランド代表でも長きにわたってチームを支えた。

 15年に現役を退き、引退後には英衛星放送「BTスポーツ」の解説者に転身。ユーモアを含んだトークやサッカーへの情熱もあって人気を博している。

 そんなファーディナンド氏に対して、古巣のユナイテッドが復帰を検討している。オーナーであるグレーザー一家は何年も前からレジェンドDFと働くことを望んでいたとされており、すでにユナイテッド最高経営責任者(CEO)のエド・ウッドワード氏はファーディナンド氏と会談。来シーズン開幕までのスポーツディレクター就任を目指して交渉を始めたようだ。

 また現在トップチームのコーチを務めるマイク・フェラン氏とはテクニカルディレクターの就任ついて話し合ったとされている。どちらとも決定は下されていないが、いずれ就任する可能性はあると見ていいだろう。

 プレミアリーグを6度制した経験や、サッカーへの情熱を加えることができる人物という面で、古巣から大きな評価を受けているファーディナンド氏。ユナイテッドへの“Uターン”は実現するのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング