日本代表DF昌子が示した“海外組”の適性 森保J初参加で感じたCBサバイバル状況は?

(左から)DF吉田、DF冨安【写真:Yukihito Taguchi&Noriko NAGANO】
(左から)DF吉田、DF冨安【写真:Yukihito Taguchi&Noriko NAGANO】

「CB不足と言われてきたけど、麻也くんが不動というのがなくなるくらいじゃないと」

 今回の代表合宿中には、ベルギー1部シント=トロイデンでプレーする同じセンターバック(CB)のDF冨安健洋ともよく話をしたという。

「今までセンターバック不足と言われてきましたが、レギュラー争いが1、2番に熾烈になる、というのはすごく良いことだと思います。これまでは、日本代表のセンターバックは常に安定していましたよね、中澤(佑二)選手と(田中マルクス)闘莉王選手がいて。それが今は、どんどん下から(突き上げが)くる」

 これまで日本代表のウィークポイントとも言われてきたCBだが、「(吉田)麻也くんが不動、というのがなくなるくらいじゃないと」と、熾烈なポジション争いを勝ち抜くことこそが日本代表の底上げにつながると信じる昌子。彼自身もまた、若手からの挑戦状を受けて立つ覚悟を見せている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング