ドイツ代表を覆う異様な空気感 「W杯の悪夢」と「世代交代」の先に希望を見出せるか

2019年初陣はドロースタートとなったドイツ代表【写真:Getty Images】
2019年初陣はドロースタートとなったドイツ代表【写真:Getty Images】

2019年初陣でセルビアにホームで1-1 独紙「これほど静かな代表戦は今までにない」

 2018年はドイツ代表にとって、忘れられるものなら忘れ去りたい最悪の年となってしまった。前回大会の優勝国として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)では、まさかのグループリーグ敗退。その後の代表戦でもパッとしない。新たに始まったUEFAネーションズリーグではフランス、オランダを相手に一度も勝てないまま降格となってしまった。

 迎えた19年、新たなスタートを切るために、そして22年カタールW杯で再び世界の頂点に辿り着くために、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は抜本的な改革に乗り出そうとした。その一つとして積極的な世代交代を決断。FWトーマス・ミュラー、DFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングの3人を今後代表に招集しないと発言したのだ。

 14年ブラジルW杯優勝メンバーであり、代表チームのなかでも主柱の存在だった3人だけに、この発表はさまざまな議論を呼んだ。20年欧州選手権(EURO)、そして22年W杯に向けたチーム作りを促進していくうえで、はっきりとしたサインを打ち出したいとするレーブ監督の決断を指示する声がある一方で、これまでの功労者に対してもっと他のやり方があったのではないかという指摘も少なくない。

 記者会見でも、この件に関して質問が集中する。レーブ監督は何度も「素晴らしい選手たちであり、代表チームにおける彼らの功績を心から評価している。ただ、今後将来に向けて彼らはプランに入っていないということだ」というような答えを、何度も口にしなければならなかった。

 そんな微妙な空気感のなかで20日に行われた国際親善試合のセルビア戦だが、スタメンの平均年齢こそ大幅に下がったものの、相手にあっさりとリードを許してしまうなど前半はパッとしない試合展開に終始。後半持ち直して同点には追いつけたが、2点目が取れないまま1-1の引き分けで終わってしまった。

 試合後の雰囲気は、傍目にも良い感じはしなかった。そんななかドイツサッカー連盟の二人のスタジアムDJが、観客を安心させようとしたのか、こんなことを言っていた。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング