「そこを挑戦しないと」 12年ぶり“凱旋ゲーム”の本田圭佑が指摘したJリーグの課題

MF本田圭佑がJリーグのスタイルについて自身の見解を述べた【写真:Getty Images】
MF本田圭佑がJリーグのスタイルについて自身の見解を述べた【写真:Getty Images】

イニエスタ加入で「神戸の試合を観る」なか、守備でチャレンジするチームの少なさを指摘

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は、12日のAFCチャンピオンズリーグ(AFC)グループステージ第2節サンフレッチェ広島戦で同点ゴールを決めたが、チームは1-2で敗戦を喫した。海外移籍前の2007年12月以来となるJリーグクラブとの対戦となったなか、「たまにヴィッセル(神戸)の試合を観る」というレフティーはJリーグのスタイルについて、「俺がいた時から変わっていない印象」と自身の見解を述べた。

 2005年に入団した名古屋グランパスで3年プレーした本田は、その後、VVVフェンロ(オランダ)、CSKAモスクワ(ロシア)、ACミラン(イタリア)、パチューカ(メキシコ)、メルボルン・V(オーストラリア)と5カ国を渡り歩いてきた。広島戦は名古屋時代の2007年12月以来となるクラブチームの一員としてJクラブと対戦したが、本田なりに感じるものがあったようだ。

 12年ぶりの印象について問われた本田は、「これだけ見ても分からないですけど」と前置きしたうえで、自身の見解を明かした。

「最近は(アンドレス・)イニエスタが来たので、たまにヴィッセルの試合を観る。やっぱり、頑張るスタイルは俺がいた時から変わっていない印象。相手の嫌なことをするディフェンスとか、戦術的に成熟していない印象が強い。なんて表現していいか分からないですけど、どのチームにも割ととりあえずはつなぎたいというのは分かる。ただ、ディフェンスでもう少し色を出してくるチームが出てきてもいい。ディフェンスで色を出すということは、たぶん攻撃でやりたいことをできない可能性があるんですけどね」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング