「不思議な感じがする」 メルボルンV本田、12年ぶりの“凱旋ゲーム”に複雑な胸中吐露

前日会見に出席したメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑【写真:紫熊倶楽部】
前日会見に出席したメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑【写真:紫熊倶楽部】

クラブの一員として日本国内で試合をするのは名古屋時代の07年12月以来

 メルボルン・ビクトリーは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第2節でサンフレッチェ広島と対戦する。MF本田圭佑は名古屋グランパス所属時代の2007年以来となる日本でのJクラブと対戦だが、11日の前日会見で「不思議な感じがする」と日本凱旋について語った。

 今季からオーストラリア1部のメルボルン・Vに移籍した本田。負傷で約2カ月の離脱はあったが、12試合に出場してチーム3位の6ゴールを挙げている。

 本田は5日のACLグループステージ第1節大邸FC戦(韓国/1-3)でACLデビュー。メルボルン・Vの一員として日本凱旋を果たした。クラブの一員として日本国内で試合をするのは、名古屋に所属していた07年12月以来となる。

 会見冒頭で広島戦を控えた感想を問われた本田は、「変な感じですけどね」と海外クラブの一員として日本でプレーすることへの思いを口にした。

「日本代表として日本でプレーすることがたくさんあったわけですけど、今回は日本人の僕がオーストラリアのクラブで、日本のクラブを相手にするというのは不思議な感じがする」

 城福浩監督率いる広島の印象については、「チームとしてすごく組織的にプレーする。そういう印象があります。誰かに頼った戦術ではなく、誰がプレーしても一定以上の成果を挙げられるような戦術でチームを作っている印象を受けます」と言及。「すごく楽しみではあるし、明日は良い試合にしたいなと思います」と語った。

 メルボルン・Vの一員としてどんなプレーを見せるのか。本田の一挙手一投足に注目が集まりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング