浦和と清水もランクイン! 「センスの良いクラブ名・世界TOP43」を英メディア選出

清水FW北川航也(左)、浦和DF槙野智章(右)【写真:Getty Images】
清水FW北川航也(左)、浦和DF槙野智章(右)【写真:Getty Images】

英メディアが独断で選出 “カッコいい”クラブ名のワールドランキングを発表

 サッカーの世界はユナイテッド、ローバーズ、シティといった名前であふれていてつまらない――。そう主張する英メディア「planet football」は、クラブ名に対して問題提起をしている。世界中を見渡せば素晴らしい名前のクラブはあると主張し、センスが良いと認める43チームをランキング形式で紹介している。

 同メディアは世界のクラブ名を洗い出し、独断と偏見で“カッコいい”名前を持つチームを選出。「43」に厳選されたなか、それぞれの名前の由来や選出理由などを説明している。その選ばれた43クラブのなかには、Jリーグのクラブも含まれた。

 独断というだけあって、選ばれたリーグも偏っている。ジンバブエとボリビアから最多タイの3クラブずつが選ばれている。次にイングランド、ガーナ、シエラレオネ、スイス、リベリア、南アフリカ、日本から2クラブずつ選出された。

 そのなかで、日本にも馴染みのあるクラブがいくつかある。例えば35位に選ばれたドイツのRBライプツィヒだ。飲料メーカーのレッドブル社が2009年にクラブを買収して改名。クラブ名の一部に社名を付けようとしたが、ドイツサッカー連盟のルールとして社名をチーム名に入れてはいけないため、「RasenBallsport(ラーゼンバルシュポルト)ライプツィヒ」というクラブ名にした。ラーゼンバルシュポルトとは芝生球技という意味の造語で、頭文字を「Red Bull(レッドブル)」と同じになるようにして商品を想起させる狙いがあったと言われている。

 その他に馴染みのあるところでは、ハリウッドのスターを表したLAギャラクシー(アメリカ/42位)、平均年齢を25歳3カ月とし、日本代表FW久保裕也も所属歴のあるBSCヤングボーイズ(スイス/24位)、クラブ近隣地区に住んでいたイングランドの騎士サー・ヘンリー・ホットスパー・パーシーの名前をもらっているトットナム・ホットスパーFC(イングランド/21位)などがランクインしている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング