アラベス移籍後初ゴールの乾を現地メディアが再評価 「偉大なプロ意識を示している」

乾がビジャレアル戦で移籍後初ゴールをマークした【写真:Getty Images】
乾がビジャレアル戦で移籍後初ゴールをマークした【写真:Getty Images】

アラベスに順応し、連敗脱出に貢献した乾の特集が組まれる

 日本代表MF乾貴士が、ベティスからアラベスへの移籍を果たしたことで再び評価を高めている。現地時間2日のリーガ・エスパニョーラ第26節ビジャレアル戦(2-1)で決勝点となる移籍後初ゴールを決めたが、それを受けてスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が「イヌイとアラベスの素晴らしい順応」という特集を組んでいる。

 同紙は「彼は到着してからスタメンに定着し、すでに4試合でプレーした。ゴールを決め、アシストも狙える。そしてアベラルド監督の哲学に適応するため、彼は偉大なプロ意識を示している」と、冬の移籍市場でMFイバイ・ゴメス(→アスレティック・ビルバオ)を失い、連敗していたクラブを立て直したキーマンとして乾を評価している。

 以下、乾がピッチ内外でフィットした具体的な分析だ。

「タカシは、アベラルドのプランのなかで輝くためのすべての条件を持っている。非常に勤勉で、監督が彼に求めるものを学び、そして適応するように懸命に努力している。また性格的にも愛想が良く、アラベスからの愛を勝ち取った。チームメートとも冗談を言い合っている。(第25節の)セルタ戦では、乾にとってリーガ・エスパニョーラで通算100試合目となる出場を果たし、祝福を受けた」

 ビジャレアル戦については「彼は試合から消えていた時もあるが、ピッチの上で働き続けている。自分自身を犠牲にしてMFカルロス・ビガレイとFWアルフォンソ・ペドラザの攻撃を防ぐために動いた」とゴールシーン以外での貢献度についても触れている。このような積み重ねが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を巡って上位躍進中のアラベスの中で存在感を高める一因となっているのだろう。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング