アラベス移籍後初ゴールの乾貴士 スペイン紙は“2つ星”などまずまずの評価

アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】
アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】

4戦連続スタメンのビジャレアル戦で殊勲の決勝ゴール

 アラベスの日本代表MF乾貴士は、現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節ビジャレアル戦で4試合連続の先発出場を果たし、勝ち点3をもたらす決勝ゴールを決めた。移籍後初ゴールに対し、スペイン紙もまずまずの評価を与えている。

 乾はベティスからの移籍後に任されている、3トップの右ウイングでこの日もプレー。敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカで積極性を見せるなかで、大仕事をしたのは1-1で迎えた後半32分のことだった。

 左サイドへのサイドチェンジをMFホニが拾って縦に突破し、ゴール前へラストパス。マイナス気味となったこのボールをファーサイドから詰めた乾が左足で合わせると、シュートはループ気味の軌道を描きネットを揺さぶった。嬉しい移籍後初得点に、歓喜の表情を見せた乾。チームメートも自分のゴールのように喜び合った。

 乾は同36分にもスルーパスでチャンスを演出するなど、攻撃を促進。同40分にMFムバラク・ワカソと交代したものの、文字どおり勝利の立役者となった。

 スペイン紙「AS」のマッチレポートでの採点(星3つが満点)では、ヘディングシュートで先制ゴールを奪ったDFギジェルモ・マリパンが星3つを獲得。乾はギジェルモに続く星2つと高い評価を得ている。一方で「マルカ」紙は、決勝点以外ではあまり目立たなかったと見たのか、星1つにとどめている。

 それでも乾にとって大きな一撃となったことは確かだろう。アジアカップ終了後に加入したアラベスではベティス時代と違いレギュラーで起用され続けているなか、ゴールという結果を残した。チームを暫定ながらUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位に浮上させた一撃は、乾の今後にも好影響をもたらすはずだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング