香川真司、初先発1アシストの活躍も… ベジクタシュ監督の“カガワ批判”に現地注目

試合後にギュネシュ監督(左)が香川を批判したとして現地で注目を集めている【写真:(C)BesiktasJK】
試合後にギュネシュ監督(左)が香川を批判したとして現地で注目を集めている【写真:(C)BesiktasJK】

トップ下で後半40分までプレー、前半に1アシストを含む2点に関与と存在感

 MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間25日、リーグ第23節でフェネルバフチェとのイスタンブール・ダービーに臨み、3-3ドローに終った。移籍後初スタメンを飾った香川は1アシストと結果を残した一方、試合後にシェノル・ギュネシュ監督が香川を批判したとして現地で注目を集めている。

 3日の第20節アンタヤルスポル戦(6-2)で途中出場し、投入から3分間で2ゴールと鮮烈デビューを飾った香川は、3試合連続で途中出場が続いたなか、ダービーマッチで初スタメンを飾った。

 その香川が起点となって先制ゴールが生まれる。前半10分に敵陣右サイドでFKを獲得。キッカーを務めた香川が正確なクロスを中央に送り、その流れからトルコ代表DFギョクハン・ギョニュルが先制点を奪った。さらに前半18分、トルコ代表FWブラク・ユルマズがPKを決めてリードを広げ、前半終了間際に香川のパスセンスがゴールを呼び込む。

 ハーフウェーライン付近でこぼれ球を拾った香川は、間髪入れずに前方のスペースに絶妙なスルーパスを供給。走り出したユルマズにピタリと合うボールを通し、相手GKとの1対1を制したユルマズが追加点を奪い、3-0で前半を折り返した。

 ところが後半に入ると相手は香川への警戒を強め、日本人MFにボールが集まらずに攻撃が停滞。相手の攻勢に押される形で3失点し、香川は後半40分に途中交代して3-3ドローに終わった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング