FC東京復帰の17歳久保建英が見せる成長 移籍を経て迎えるプロ3年目の”変化”とは?

FC東京に復帰したMF久保建英【写真:荒川祐史】
FC東京に復帰したMF久保建英【写真:荒川祐史】

横浜FMへのレンタルから復帰 練習試合で得点を決めるだけでなく守備面でもアピール

 J1のFC東京は長谷川健太監督の下で2年目を迎え、23日にはリーグ王者・川崎フロンターレとの開幕戦を迎える。東京五輪世代のFW田川亨介(←サガン鳥栖)、韓国代表MFナ・サンホ(←光州FC)、ブラジル人FWジャエル(←グレミオ)ら新戦力を加えたなか、注目を集めるのが横浜F・マリノスへの期限付き移籍から復帰したMF久保建英だ。“外”でもまれた17歳は、チームスタッフの目から見ても逞しさが増したという。

 バルセロナの下部組織で育った久保は2015年に帰国。FC東京の下部組織で経験を積み、17年11月にFC東京とプロ契約を結んだ。長谷川体制となった昨季は、開幕戦の浦和レッズ戦に途中出場するなど、4試合で出番を与えられたが、プレー時間は計58分止まりだった。さらなる成長を求めてシーズン途中に横浜FMへの期限付き移籍を決断し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ擁するヴィッセル神戸戦で移籍後リーグ戦初出場を果たすとともに、J1初ゴールをマーク。横浜FMではリーグ戦5試合1得点の成績を残した。

 今年1月12日に期限付き移籍期間満了に伴い、FC東京復帰が決定。始動日には「自分がここで言っても始まらない」と成長はピッチでのプレーで証明していくことを誓ったが、沖縄キャンプ最終日に行われた名古屋グランパスとの練習試合(45本×4本)では右サイドハーフで出場してゴールを奪うなど、宣言通りキャンプでアピールして見せた。

 2015年からFC東京に在籍し、昨季まではU-23チームの監督として久保の指導にもあたった安間貴義コーチは、17歳のアタッカーの成長を次のように証言する。

「タケはこのチームで(試合に)出ようとしている。中締めとかボールへのプレッシャーとか、守備のルールを受け入れられるようになった。攻めと守りがあってサッカー。それをつなぐ切り替えとか守りが決して得意ではなかったけど、それを積極的にやるようになってきた」

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング