アグエロが保持する「5つのプレミア記録」に脚光 ゴール率でも“伝説のFW”超え

マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】

チェルシー戦で通算11回目のハットトリック、シアラーと並び最多タイに並ぶ

 マンチェスター・シティは10日、プレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦し、6-0の大勝を収めた。この試合でハットトリックを記録したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロには多くの称賛の声が挙がっているが、衛星放送「FOXスポーツ」は「アグエロがイングランドで保持している優れた5つの記録」という特集を組み、アルゼンチン人ストライカーの偉大な記録を紹介している。

 1つ目の記録は、シティのクラブ史上最多のゴールスコアラーとなっていること。以前の記録保持者である元イングランド代表FWエリック・ブルック氏が13年間で177ゴールを奪っていたが、アグエロはこの記録を昨シーズン中に更新。今季で8年目を迎えるなか、現在222ゴールを奪ってダントツのトップとなっている。

 2つ目は、プレミアリーグで活躍する欧州人プレーヤー以外での通算最多得点を記録していること。アグエロは現在プレミアリーグ全体のゴールランキングでは8位となっているが、欧州人選手以外ではユナイテッドなどで活躍した元トリニダード・トバゴ代表FWドワイト・ヨークの123ゴールを大きく超えて160得点をマーク。アーセナルの英雄となった元フランス代表FWティエリ・アンリがイングランド人以外で最多の175得点を奪っているが、近い将来、この記録を抜くこともできるだろう。

 またチェルシー戦でのハットトリックにより、アグエロは通算11回目のハットトリックを達成した。これは元イングランド代表FWアラン・シアラーの記録と並ぶプレミア最多タイ記録だ。さらに200得点以上を記録している選手のなかで“85分に1点”を決めるゴール率は、アンリの“86分に1点”の記録を超えて、こちらもトップとなっている。

 最後の記録は、1試合における最多得点をマークしていること。15年のニューカッスル戦で、アルゼンチン人ストライカーは1試合5得点をマーク。これはシアラーや元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフらと並んで1試合での最多得点となっている。これらの記録を見ても、いかにアグエロが多くのゴールを奪ってきたかが分かるはずだ。

 キャリアのピークと言える30歳という年齢を考えても、今後も記録を更新し続けていきそうなアグエロ。シティは今季も4冠の可能性を残しており、まだまだ得点を積み重ねそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング