チェルシー10番FWアザール、歴代監督の中で「僕のサッカー理論に近い」という2人は?

チェルシーFWアザール【写真:AP】
チェルシーFWアザール【写真:AP】

モウリーニョ氏を“スペシャル”と認めるも… サッリ監督とガルシア監督を挙げる

 チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザールが、クラブ公式サイトで「THE MAKING OF ME: EDEN HAZARD(エデン・アザールがどう作られたのか)」をテーマにしたインタビューに応じ、自身のキャリアを振り返った。そのなかで、歴代監督の中で「僕のサッカー理論に近い」という2人の名前を挙げている。

 アザールは12歳でフランスのリールの練習に参加し、14歳で拠点をクラブ所在地のリールへ移した。15歳からトップチームとの練習を始め、16歳でデビュー。リールで頭角を現し、2012年からチェルシーでプレーを続けている。

 チェルシーでは、元マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏の下でリーグ制覇とEFLカップ優勝を経験。その後のアントニオ・コンテ体制でもリーグ制覇を果たし、現在はイタリア人のサッリ監督の指導を受けている。

 モウリーニョ氏とは、任期終盤にかけて不仲が報じられていたアザールだが、モウリーニョ氏を“スペシャル”だったと認め、いつか同氏の下で再びプレーしたいという願望を明かした。その一方で、プレースタイルでは現在のサッリ監督の方が合っていると話している。

「リールでのクロード・ピュエル監督から始まり、今のマウリツィオ・サッリ監督まで、みんな違うサッカーの見方をしていて、それが現在の僕という選手を作った。彼らは全員、重要なアドバイスをしてくれた。ジョゼ・モウリーニョ監督はスペシャルだったけど、サッリ監督や、(元リールの)ルディ・ガルシア監督のやり方の方が、私のサッカーの理論に近いと思うが、それでもみんな多くのことを与えてくれた」

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング