ベジクタシュ香川、途中出場でホームデビュー! マークを交わす華麗なターンも披露

ベジクタシュMF香川がホームデビューを飾った【写真:(C)BesiktasJK】
ベジクタシュMF香川がホームデビューを飾った【写真:(C)BesiktasJK】

香川は初のホームゲームもベンチスタート 前半40分にユルマズが移籍後初得点で先制

 トルコ1部ベジクタシュは現地時間9日のリーグ第21節でブルサスポル戦と対戦。トルコ移籍後初のホームゲームでベンチスタートとなったMF香川真司は、後半22分から登場。デビュー戦の倍近い23分間プレーしたなか、得点にこそ絡めなかったが、トップ下として攻撃を活性化させ、2-0の勝利に貢献した。

 3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で後半36分から途中出場した香川は、登場16秒後にドリブル突破からトルコ初ゴールを奪うと、その2分後には縦回転の直接FKを突き刺し、3分間で2ゴールを奪う鮮烈なデビューを飾った。

 9日のブルサスポル戦は香川にとって初のホームゲームとなったが、前節に続いてベンチスタート。ベジクタシュは4-2-3-1を採用し、トップ下にはセルビア代表FWアデム・リャイッチ、1トップにはトルコ代表FWブラク・ユルマズが入った。

 ベジクタシュはオランダ代表MFイェレマイン・レンスの右サイドを中心に攻撃を仕掛け、ブルサスポル陣地にアタック。前半23分にレンスの低空クロスにユルマズが飛び込むもミートできず、同37分にはレンスが右サイドからペナルティーエリア内に侵入したが、相手GKの好セーブでネットは揺らせなかった。

 そんななか前半40分にスコアが動く。ベジクタシュはレンスが右サイドからカットインし、右足アウトサイドで逆サイドへ展開。ユルマズがペナルティーエリア内左で胸トラップから左足を一閃すると、グラウンダーの一撃がゴール右隅に突き刺さった。今冬にトラブゾンスポルから加入したユルマズは、これが嬉しい移籍後初得点。アップを始めた香川もチームメートのゴールに拍手を送った。

【PR】CB昌子源がトゥールーズへ移籍。新たな日本人DFの挑戦をDAZNで見届けよう!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング