ペップ監督「今季が普通、昨季が異常」 混迷のプレミアリーグ優勝争いに持論

マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:AP】
マンチェスター・シティのグアルディオラ監督【写真:AP】

5位と苦しむユナイテッドも「浮上してくる」と予想

 ジョゼップ・グアルディオラ監督の率いるプレミアリーグ王者マンチェスター・シティは、今季リーグ戦で4敗目を喫し、ここまで1敗の首位リバプールに今季のトロフィーを譲ることになるのではと囁かれていた。しかし、リバプールは直近のリーグ戦2試合を連続で引き分け、シティは前節のアーセナル戦(3-1)に勝利を収めたことで、勝ち点3差まで縮めている。グアルディオラ監督は、ジェットコースターのように目まぐるしく順位が上下動するプレミアリーグで、リバプールの優勝をはじめとする予想を立てるには、時期尚早との見解を示している。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 2位シティはプレミアリーグ第24節でニューカッスルに1-2で敗れ、同節でリバプールが勝てば勝ち点差は「7」に広がるとの懸念もあった。しかし、結果的にリバプールはレスターと1-1のドロー。前節ではシティは白星を挙げたが、リバプールはウェストハムと1-1で引き分け、両チームの勝ち点差は「3」となっている。次節のエバートン戦でシティが勝てば、得失点差で順位が入れ替わる可能性もある。

 グアルディオラ監督は、「3、4日前は、チャンピオンはリバプールであり、我々のタイトル争いはすでに終わったと言われていた。ところが、今は我々にも首位に立つチャンスがある」と述べ、残りの試合すべてに勝つことは、どのチームにとっても難しく、多くのサプライズが見られるだろうとした。

 また、「それこそがイングランドでの典型的なあり方だ。(シティが)18連勝、勝ち点100をマークした昨シーズンが異常で、今起きていることのほうが普通なんだ」と話し、すべてのチームがタイトル、UEFA主催大会への出場権、残留をかけて戦っているとコメントした。

 特に優勝に関しては、まだまだ多くのチームに可能性があると感じているという。「私は、トットナムがタイトルレースから外れていると言ったこともないし、チェルシーも同じだ。(マンチェスター・)ユナイテッドも毎週、勝ちを重ねている。彼らもタイトルレースに参入してくるだろう。チェルシーも数試合連勝すれば優勝候補になる。誰もが勝ち点を挙げる準備はできているんだ」と語った。連覇を目指すグアルディオラ監督の率いるシティは、多くのライバルたちに競り勝ち、目標を達成できるだろうか。

【PR】UCLアーカイブでは内田篤人がシャルケ時代の試合を自ら解説!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング