リバプールOBキャラガーがライバルの脅威を指摘 「選手層の厚さはマンUのほうが上」

キャラガー氏は、古巣以上にマンUが質の高い選手を揃えているとコメントした【写真:Getty Images】
キャラガー氏は、古巣以上にマンUが質の高い選手を揃えているとコメントした【写真:Getty Images】

スタメンの質ではリバプールが上とするも、選手層の薄さを問題視

 プレミアリーグで首位を走るリバプールのレジェンド、元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は、ライバルクラブであるマンチェスター・ユナイテッドのほうがリバプールよりも優れたチームを持っていると考えているようだ。英紙「デイリー・スター」が報じた。

 第25節終了時点のプレミアリーグで、勝ち点62を積み重ねトップに立っているリバプールに対し、ユナイテッドは勝ち点差14で5位。この数字からも分かるように、今季の両者には大きな差が生まれている。しかしキャラガー氏は、ベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェス、フランス代表FWアンソニー・マルシアルらを途中出場させることができるのは、彼らがより強いチームを持っている証しだと考えている。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに応じたキャラガー氏は、「私はマンチェスター・ユナイテッドは、シティに次いでリーグで2番目に良いスカッドを抱えていると思っている」と、5位のクラブが首位を走る古巣以上に質の高い選手を揃えているとコメントした。今季のユナイテッドは、守備に大きな問題を抱えている。少なくとも守備ではリバプールのほうが、良い陣容が揃っているのではないかという指摘に対しても、自身の見解を明かしている。

「確かに、守備面では安定していないかもしれない。それでもセンターバックには、たくさんのオプションがある。もしかしたら、あるクラブの特定の選手よりは、良い選手ではないかもしれない。でも、彼らには複数の選択肢があるんだ。オプションの選手も代表選手たちだからね。彼らにも大金が支払われているよ」

 リバプールのほうが「チームとしては上」としつつも、「スターリッジやオリギが途中出場するのと、マルシアル、サンチェス、ラッシュフォード、ルカクが出てくるユナイテッドには、やはり差があるよ。彼らはもっと勝てるはずだし、実際にそうなってきている。スールシャール監督は、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちを率いて、つかむべきものをつかんでいるよ」と、監督交代をした名門が今後、脅威になることを示唆した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング