「サコの言うとおり」 DF吉田麻也、エース大迫の嘆きに同意…「踏ん張れなかった」

(左から)日本代表DF吉田、FW大迫【写真:田口有史】
(左から)日本代表DF吉田、FW大迫【写真:田口有史】

大迫が「修正はできたけど……遅かった」 主将の吉田も「臨機応変さが足りなかった」

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、2011年大会以来の優勝を逃した。エースFW大迫勇也(ブレーメン)は前半の2失点に「修正はできたけど……遅かった」と嘆き、キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)も「サコの言うとおり」と同意している。

 試合は序盤から日本のプレスが思うようにハマらず、なかでも相手の11番FWアクラム・アフィフを捉えきれずにいると、前半12分にアフィフからFWアルモエズ・アリにパスを通され、豪快なオーバーヘッド弾を叩き込まれた。

 このスーパーゴールは相手を褒めるべき一撃とも言えるが、選手たちが一様に悔いたのは同27分の2失点目だ。相手の攻撃を受けた日本は守備ブロックを形成するも、再びアフィフが隙間でボールを受けてドリブルを開始。日本は後手に回るなか、MFアブデルアジズ・ハティムにつながれ、強烈なミドルシュートが決まった。

 大迫は「修正はできたんですけど、それが0-2になってからだったのですごく遅かった」と振り返ったが、エースの発言を吉田も認めている。

「何よりも2点目を取られてはいけなかった。サコの言うとおり。サコが感じている以上に、そこで踏ん張れなかった……自分自身に足りないものを感じた」

 守備の戦術が十分に機能しないなかで先制点を献上後、2失点目が生まれるまでの15分間に修正が施せなかった点を吉田も悔いた。その原因について、「プレスの掛け方がハマらなかった。11番を誰がつかむのか。起点にされて2失点した。臨機応変さが足りなかった」と指摘している。

 後半に安定感を取り戻した日本はMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで巻き返すも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によるPKを決められて1-3と敗戦。エースとキャプテン、2人が悔やんだ前半2失点が何よりも重くのしかかる結果となった。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング