「あれだけのスペースを与えてしまうと…」 酒井宏樹、アジア杯決勝の失点シーンに見解

酒井が圧巻ゴールに持論【写真:AP】
酒井が圧巻ゴールに持論【写真:AP】

酒井がカタール相手に喫した前半の失点に持論

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、2011年大会以来の優勝を逃した。相手のエースFWアルモエズ・アリに豪快なオーバーヘッドで先制点を奪われ、2失点目は豪快なミドルシュートから決められたなか、DF酒井宏樹(マルセイユ)は「悔やまれるのは2失点目ですね」と見解を示している。

 前半12分だった。日本は右サイドからクロスを放り込まれ、エリア内でアリがゴールに背を向けたまま左足でトラップ。空中に浮いたボールを右足で触って浮かしたアリは、体を巧みに寝かせて右足を振り抜く。そのシュートにGK権田修一(サガン鳥栖→ポルティモネンセ)が反応するもわずかに届かず、右ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。

 これが歴史的な一撃となる。元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の持つ大会記録を塗り替え、アリが1大会での歴代最多9ゴール目をマークした。その後、前半27分にはMFアブデルアジズ・ハティムに強烈なミドルシュートを叩き込まれ、日本はさらなる苦境に陥る。後半24分にMF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返すも、同38分にはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定でPKを献上し、これを決められて1-3と万事休した。

「悔やまれるのは2失点目ですね。僕らとしても耐えなければいけないし、攻撃陣が1点を追いつく作業をしているなかの失点」

 そう振り返ったのは、右サイドバックの酒井だ。「単純に自分たちのプレッシャーの意図がハマっていなかった。あれだけのスペースを与えてしまうと危険なシーンを作られる」と、思うように機能しなかった守備を悔いた。その一方、「Jリーグだとあれは入らなかったかもしれないけど、高いレベルでは入る」と圧巻の一撃に言及している。

 前半の2ゴールはいずれもハイレベルな一撃だったが、日本にとって重くのしかかり、結果を大きく左右するものとなってしまった。

【お詫びと訂正】
 本記事の内容につきまして、酒井宏樹選手のコメント内容の取り違えと、認識に誤りがありました。酒井選手ご本人、関係者、読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫びし訂正致します。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング