「アンラッキーな日本」 森保Jの決勝敗戦にUAE紙言及 「やるべきことが多すぎた」

日本は無念のアジア杯準優勝に終わった【写真:AP】
日本は無念のアジア杯準優勝に終わった【写真:AP】

日本はカタールに3失点を喫して無念の準優勝に終わる

 日本代表は1日、アジアカップ決勝でカタールに1-3で敗れ、準優勝に終わった。UAE紙「ガルフニュース」は、「アンラッキーな日本は、アジアカップのファイナルであと一歩及ばなかった」と伝えている。

 試合は前半12分、左サイドのクロスを胸トラップした相手エースFWアルモエズ・アリがDF吉田麻也(サウサンプトン)を背負いながら軽やかなリフティングを見せた後、そこから意表を突くオーバーヘッドシュートをゴール右隅に沈めた。さらに同27分、MFアブデルアジズ・ハティムがペナルティーエリア外から鋭いカーブを描く強烈な左足ミドル弾を突き刺した。

 記事では、「早い段階で2ゴールを許してしまい、サムライブルーにはやるべきことが多すぎた」と前半の2失点の影響を指摘。一方、後半24分にMF南野拓実(ザルツブルク)が今大会初ゴールを決めたことを受け、「日本人ファンが歓喜に沸き、反撃の狼煙を上げた」と触れ、巻き返す雰囲気が漂ったことを伝えている。

 しかし、後半38分に自陣ペナルティーエリア内で吉田の腕にボールが接触し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の末にハンド判定でPK献上。これをカタールFWアクラム・アフィフに決められ、万事休すとなった。

 記事でも、「カタールにとっては生命線となった」とこのPK判定が勝負の分かれ目だったと分析。「日本は、カタールが運も良く、(日本の反撃を)最後まで寄せるつけることがないと思い知らされた」と勢いにおいても、運においても、カタールに軍配が上がったことを強調していた。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング