大迫勇也、決勝で敗れ感情爆発 ボトルを蹴り、スタッフの制止振り切ってピッチから去るも…

決勝カタール戦の敗戦を受け、FW大迫が悔しさを露わにした【写真:AP】
決勝カタール戦の敗戦を受け、FW大迫が悔しさを露わにした【写真:AP】

カタール戦直後、両軍の選手が残るピッチから一度去るも…すぐさま再びピッチへ

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、惜しくも準優勝に終わった。試合終了のホイッスルが鳴った直後、エースFW大迫勇也(ブレーメン)は感情を爆発させ、両軍の選手が留まるピッチから1人去る事態が起きた。

 試合は前半12分、同27分に日本が被弾。0-2と劣勢で迎えた後半24分、MF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返して反撃ムードが漂ったが、ビデオ判定により同38分にPKから失点。最終的に1-3で日本は敗れた。

 試合終了のホイッスルが鳴り響いた直後、日本の選手たちは落胆。そのなかで悔しさを露わにしたのが大迫だ。ピッチ脇の置いてあるペットボトルを切り蹴り上げると、両軍の選手が残るピッチから一度離れ、スタッフの制止を振り切ってそのまま1人去った。

 しかし、すぐさま冷静さを取り戻してピッチ脇に姿を現すと、悔しさを滲ませながらピッチへと舞い戻っている。カタールの選手たちが歓喜に沸くなか、日本の選手たちはその様子を見守った。エースFWが見せた行動は、この一戦に懸けていた思いの強さを感じさせるワンシーンと言えるだろう。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング