森保監督、“財産”強調も悔しさ アジア杯決勝敗戦に「相手のほうが強かったということ」

日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】
日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】

カタールに1-3と敗戦、2大会ぶりのアジア制覇逃し「残念」

 必死の追い上げも、2大会ぶりのアジアカップ優勝は果たせなかった。日本代表は1日に行われたアジアカップ決勝でカタールに1-3で敗戦。2大会ぶりの優勝を果たせなかった。チームを指揮した森保一監督は、「負けたということは相手のほうが強かったということ」と話した。

「我々もアジアカップ優勝を目標にやってきた。応援してくれる方も期待していた。優勝できなかったのは残念。選手は準備のところから、成長を掲げてやってくれてスタッフもそれを支えて、チームとしてやってこれたのは財産だと思います」

 圧倒的な財力で強化を推し進める中東の新興国に、完敗を喫した。前半12分にFWアルモエズ・アリのオーバーヘッドキックがゴール右隅に叩き込まれて先制を許すと、悪い流れのまま同27分にMFアブデルアジズ・ハティムにミドルシュートを叩き込まれ、現体制下では初の2点差を追う展開となった。

「負けたということは相手のほうが強かったということ。この試合、大会を分析して次にステップアップできればと思います」

 森保監督は後半に入って、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)を投入して押し込む。同24分には負担が減ったFW大迫勇也(ブレーメン)と連係で抜け出したMF南野拓実(ザルツブルク)が浮かせたシュートで1点差に詰め寄ったものの、同38分にカタールのCKからのヘディングシュートがDF吉田麻也(サウサンプトン)のハンドをVAR判定の末に取られてPK。MFアクラム・アフィフのシュートは無情にもゴールネットを揺らし、万事休した。

 初優勝を飾ったカタールというアジアの新たな脅威が生まれたのは事実だ。ただし7試合を戦えたのは、そのカタールと森保ジャパンのみ。この悔しさを糧に、2022年カタールW杯に向けたチームはどう這い上がってくれるのか。森保監督の手腕も試される。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング