FW大迫、胸を小突かれ感情爆発! 日本代表、イラン戦で両軍入り乱れ一触即発の事態

両軍が入り乱れて一触即発の事態が勃発した【写真:Getty Images】
両軍が入り乱れて一触即発の事態が勃発した【写真:Getty Images】

球際の競り合いで大迫が相手と接触、イランの主将MFと言い合いからヒートアップ

 森保一監督率いる日本代表は28日、アジアカップ準決勝イラン戦に臨んだなか、前半終了間際に両軍が入り乱れて一触即発の事態が勃発し、会場は一時騒然とした雰囲気に包まれた。

 日本はエースFW大迫勇也(ブレーメン)が5試合ぶりに先発復帰し、今大会フル稼働している主力メンバーが並んだ。会場の大半を相手サポーターが埋め尽くすなか、「イラン!」の大合唱が鳴り響き、日本に対しては容赦ないブーイングを浴びせられた。

 ともに決定打を欠くなか、両軍の選手が感情を露わにしたのが前半終了間際だ。大迫が敵陣中央で相手と競り合うなか、イラン代表MFオミド・イブラヒミと球際で接触。相手が大迫の足を踏みつける形となり、これが危険なプレーと判断されてイブラヒミにイエローカードが提示された。

 その場はファウルの判定で落ち着き、両軍の選手がそれぞれ動き出していたなか、大迫の怒りは収まらず、近くに歩み寄っていたイランの主将MFアシュカン・デヤガと身振りを交えた言い合いに発展。デヤガが手を出して大迫の胸を小突くと、その場の空気は一気にヒートアップする。大迫が詰め寄るなか、両軍の選手が入り乱れて一触即発の様相を呈した。

 その後、後半11分に大迫が先制のヘディング弾を叩き込むと、同22分に大迫がPKを沈めてこの日2ゴール目をマーク。さらに終了間際、MF原口元気(ハノーファー)がダメ押しのゴールを流し込んで日本が3-0と勝利を収めた。この結果、日本が2月1日の決勝(UAEとカタールの勝者)へと駒を進めている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング