「日本の重要人物」 ベトナム撃破の森保J、海外メディアが最高点を与えた“3人衆”は?

アジアカップ準々決勝でベトナムを1-0で破った日本【写真:Yukihito Taguchi】
アジアカップ準々決勝でベトナムを1-0で破った日本【写真:Yukihito Taguchi】

決勝PKを決めた堂安、完封勝利に貢献した権田&吉田が10点満点中「9点」を獲得

 日本代表は24日のアジアカップ準々決勝でベトナムを1-0で破り、ベスト4でイランとの対戦が決まった。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版はベトナム戦に出場した選手を独自に採点。完封勝利に貢献したGK権田修一(サガン鳥栖)と主将DF吉田麻也(サウサンプトン)に加え、決勝PKをマークしたMF堂安律(フローニンゲン)に最高評価が与えられている。

 日本は16強サウジアラビア戦(1-0)の先発メンバーをベースに、1トップをFW北川航也(清水エスパルス)に変更した布陣でベトナム戦に臨んだ。前半24分、MF柴崎岳(ヘタフェ)の左コーナーキックに吉田が頭で合わせてネットを揺らすも、今大会の準々決勝から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)適用により、シュートが腕に当たったとしてノーゴール判定となった。

 しかし、後半8分、MF原口元気(ハノーファー)のスルーパスをペナルティーエリア右で受けた堂安が相手DFに足をかけられて転倒。その場は主審がプレーを続行させるも、その後VARの末にPKが与えられ、これを堂安は自ら決めて先制点を奪った。結果的にこのゴールが決勝ゴールとなり、日本はベスト4へ駒を進めた。

 記事では、出場選手を10点満点で採点。権田と吉田、そして堂安が最高評価となる「9点」を与えられた。権田については「出番が巡ってきた時は、集中力を保ち、凄まじいセーブを連発した」と触れ、吉田に対しても「リーダーとして最終ラインを統率し、ネットまで揺らしたが、これは取り消された」と言及。堂安も「ゴールと多くのチャンスを生み出した日本の重要人物」と称えている。

「FOXスポーツ」アジア版の日本選手採点は以下の通り。

GK
権田修一 9

DF
長友佑都 8
冨安健洋 8
吉田麻也 9
酒井宏樹 8

MF
柴崎 岳 8
遠藤 航 8
原口元気 7
南野拓実 7
堂安 律 9

FW
北川航也 7

交代出場
乾 貴士 6
大迫勇也 7
塩谷 司 6

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング