ウズベキスタン記者が称えた森保J“最大の特長”は? 「日本は優勝しない」との指摘も…

ウズベキスタンの記者が称えた森保ジャパン“最大の特長”とは?【写真:AP】
ウズベキスタンの記者が称えた森保ジャパン“最大の特長”とは?【写真:AP】

日本はウズベキスタンに2-1と逆転勝利、F組1位通過で決勝トーナメント進出

 森保一監督が率いる日本代表は、17日に行われたアジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で破った。前半40分に先制点を許す苦しい展開のなか、今大会初先発となったFW武藤嘉紀(ニューカッスル)とDF塩谷司(アル・アイン)がゴールを奪って逆転に成功。グループリーグ3連勝での首位通過で決勝トーナメント進出を果たした。

 この結果を受け、ウズベキスタンメディア「Championat.asia」でジャーナリストを務めるハイルーラ・ホリコフ氏は、日本の特長として先発とサブの能力に差のない選手層の厚さを称える一方で、「アジア杯で優勝しないように見える」と指摘している。

  ◇   ◇   ◇

 試合は非常に面白いものとなったが、ウズベキスタン代表は個性を発揮できなかった。それはすでにグループリーグ突破を決めていたことも要因だ。ピッチで上手くプレーしたのは、エルドル・ショムロドフだけだった。他のプレーヤーが、彼のようにプレーしなかったことが残念だ。そうすれば、勝つことができたか、少なからず引き分けには持ち込めたはずだ。

 今までウズベキスタンは、アジアカップで日本に勝ったことが一度もない。ワールドカップ(W杯)予選の時は、互いにハイプレスをかけ合う試合となったが、この日はなんのプレッシャーもかけることがなかった。我々はもう少し何かできたはずだ。エクトル・クーペルは新しい指揮官であり、もし日本に対しもっと何かできればファンはより幸せを感じただろうし、彼に対してより一層の信頼を託すことになっただろう。

 日本戦後、(ウズベキスタンの)ファンがハッピーではないことは分かっている。なぜなら、次の試合はオーストラリアとの対戦であり、決勝トーナメントなので、負けたらそのまま帰国を強いられるからだ。そしてオーストラリアは、日本の2倍の強さであると考えている。オーストラリアには個性がある。確かに彼らは開幕戦を落としたが、個性は発揮していた。彼らは良いチームだ。

 我々は何度かオーストラリアと対戦しているが、彼らから一切得点を奪うことができていない。2011年のアジアカップ準決勝でも0-6で敗れた。そのため、日本戦の敗戦は我々を落胆させるものとなったが、今度は何か起こせると信じている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も