【15日の補強動向】東京五輪世代DF板倉がマンCと契約、今季はフローニンゲンへ移籍

マンチェスター・シティと契約を交わしたDF板倉(写真は川崎時代のもの)【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティと契約を交わしたDF板倉(写真は川崎時代のもの)【写真:Getty Images】

板倉が世界的ビッグクラブと契約&今季は堂安の同僚に 柏の安西はポルトガルへ

 J1川崎フロンターレは15日、DF板倉滉がプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティへ完全移籍することを発表した。また併せて、2020年夏まではエールディビジのフローニンゲンへ期限付き移籍することも決まった。

 今月22歳になる板倉はこれまで世代別代表に常連として名を連ね、昨季はJ1ベガルタ仙台へ期限付き移籍していた。今回の海外移籍にあたり、川崎のクラブ公式サイトで「人生の半分以上をフロンターレで過ごし、サッカーはもちろん、人としてもたくさんのことを学ぶことが出来ました! 僕に関わってくれた方々、応援してくれた方々には本当に感謝しています! フロンターレでの出会い、経験は僕の宝物です」と下部組織時代から在籍したクラブやサポーターに感謝を述べた。

 また、昨季所属した仙台にも「プロになり初めてコンスタントに試合に出場することができ、たくさんの熱い声援をいただくなかプロサッカー選手としてもっともっと成長したい!という気持ちがより一層高まりました。仙台での1年間は最高の経験でした、忘れません!」とコメントを残している。

 労働許可証の問題もあり、20年夏までは日本代表MF堂安律も所属するフローニンゲンへレンタル移籍となるが、堂安ととも東京五輪メンバー入りを目指すこととなる。

 またJ2柏レイソルは同日、2018年シーズンはJ2モンテディオ山形に期限付き移籍していたMF安西海斗がポルトガル1部のSCブラガに完全移籍することを発表。下部組織時代から柏に所属する安西は「ジュニアの頃から今まで本当にお世話になりました。サッカー選手として、一人の人間として成長できたのは、すべてこのチームのおかげです。柏レイソルを離れるのはすごく寂しいですが、海外という自分の夢だった舞台で頑張って行きたいと思います。9年間育てていただき、本当にありがとうございました」と感謝した。

【15日のその他補強動向】
<松本山雅FC>
FW レアンドロ・ペレイラ クラブ・ブルージュ(ベルギー)から完全移籍で加入

<徳島ヴォルティス>
DF ヨルディ・バイス V・ファーレン長崎から期限付き移籍で加入

<ヴァンラーレ八戸>
MF 日髙慶太 ブラウブリッツ秋田から完全移籍で加入

<長野パルセイロ>
GK 立川小太郎 大阪体育大から大卒内定

<Y.S.C.C.横浜>
MF 長澤卓己 Y.S.C.C.セカンドからの昇格

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング