「少しストレスは感じたけど…」 決勝弾の原口元気、辛勝のオマーン戦に複雑な胸中吐露

PKで決勝ゴールを決めたMF原口元気【写真:©AFC 】
PKで決勝ゴールを決めたMF原口元気【写真:©AFC 】

圧倒できなったオマーン戦、「後半は攻めあぐねる時間が長かった」と課題を指摘

 森保一監督率いる日本代表は、13日にアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で苦しみながらも1-0と勝利し、連勝で決勝トーナメント進出を決めた。判定に助けられた面もあったなか、PKで決勝ゴールを決めたMF原口元気(ハノーファー)は辛勝を受けて、「少しストレスは感じましたけど……」と複雑な胸中を吐露している。

 日本が序盤からチャンスを作り出すも、シュートの決定力に乏しく0-0のまま時間が経過。前半26分には、MF南野拓実(ザルツブルク)が相手エリア内で放ったシュートが相手GKに防がれるも、こぼれ球に反応した原口が飛び込む。相手との接触で倒されたと判断されてPK判定となり、これを原口が沈めて決勝ゴールが生まれた。

「相手のGKが結構当たっていて、そこは嫌だと思ったので最後まで見ようかと迷ったけど、コースだけは気をつけて。読まれても良いように、少し強めに」

 PKの場面を振り返った原口は、攻撃の一定の手応えを口にした一方、課題も指摘。「攻撃の流れはすごい良かったですね。前半に関しては距離感よくプレーできたけど、後半は個のタイミングが遅れて攻めあぐねる時間が長かった」と分析している。

 この一戦では、原口のPK判定に加え、前半終了間際には相手シュートがDF長友佑都(ガラタサライ)の左腕に当たってハンド疑惑が生じるなど、微妙な判定が物議を醸している。原口自身は圧倒できなかった内容に複雑な思いがあるようだ。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング