日本代表の逆転勝利は“戒め” 選手・メディア・ファン…「気を引き締めてもらえた試合」

苦戦がさらなる成長の糧に 長友がとりわけ期待を寄せるのは…

 森保ジャパンにとって初の国際大会であり、初戦の硬さも相まって攻守両面で課題が噴出した。トルクメニスタン戦の下馬評では日本の優位と見られていたが、ふたを開ければ接戦となっている。最終的に日本が底力を発揮したとはいえ、図らずも好勝負になったなか、長友はこの一戦が“戒め”になると主張した。

「選手だけじゃなくて、メディアやファン、日本サッカーを愛する人が気を引き締めてもらえた試合だと思う。これを次につなげたい」

 初戦の前から「アジアカップは甘くない」と言い続けていた長友だが、その言葉がピッチ上で現実のものとなった形だ。しかし、この苦戦がさらなる成長の糧になると見ている。長友がとりわけ期待を寄せるのは若手の飛躍だ。

「一つ一つ勝って、苦しんで、成長するチームを見たいし、若手を見たい」

 初戦の苦しみを経て、森保ジャパンは脱皮を遂げようとしている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング