アトレチコFWコスタ、衝撃の“爆竹鍋”に海外騒然 「残忍な冗談」「いたずら史上最高の作品」

アトレチコ・マドリードFWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】
アトレチコ・マドリードFWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

新年のパーティー前に眠ってしまった兄ジャイールさんに爆竹でいたずらを敢行

 アトレチコ・マドリードのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、SNSに投稿した1本の動画が反響を呼んでいる。新年のパーティー前に眠ってしまった兄に対し、ベッドの上に爆竹を投下。爆音の衝撃に兄が驚いて目を覚ます映像が拡散されると、「残忍な冗談」「彼のいたずら史上最高の作品かもしれない」と海外メディアも大きく報じている。

 コスタは昨季途中にチェルシーから古巣アトレチコに復帰。今季は11月に足の打撲で公式戦3試合を欠場。一度は戦列に戻ったものの、12月2日のリーガ・エスパニョーラ第14節ジローナ戦(1-1)を最後に実戦から遠ざかっており、左足の手術を受けて復帰は来年2月頃だと報じられている。

 そんななか、コスタは自身のSNSに年末年始の様子を投稿した。公開された映像では、上半身裸にハーフパンツというラフな格好でベッドの上に眠る男性の横に大きな鍋が置かれている構図でスタート。コスタが静かにフレームアウトしていくと、鍋から火が上がり、大きな音を立てて爆竹が爆発。予期せぬ事態に、寝ていた男性が慌てて目を覚ますと、遠くから笑い声が上がった。

 コスタの衝撃のいたずらの対象となったのは、兄のジャイールさんだ。英紙「デイリー・ミラー」によれば、大晦日にジャイールさんはベッドで眠っていたが、新年のパーティーを前に起こそうとコスタが取った行動が爆竹だったようだ。

 英紙「デイリー・ミラー」が「あなたが彼を起こさないといけない。どうしますか? 音楽をかける? 熱いコーヒー? あるいは花火を横に置く?」と伝えれば、英紙「ザ・サン」は「コスタはいたずら好きで知られている。これは彼の史上最高の作品かもしれない」とコスタの歴代のいたずらのなかでもトップクラスの衝撃度だと紹介している。また、スペイン紙「AS」も「コスタの残忍な冗談:爆竹の鍋で兄を目覚めさせる」と報じた。

 過去にもミステリアスな行動などで話題を呼んできたコスタ。今回のいたずらも兄に対するものとはいえ、少々度が過ぎるものだったように感じるが、ピッチ内外での暴れっぷりは相変わらずのようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング