本田圭佑の同僚MF、アジア杯豪州代表から落選に不満 「功績やプレーが基準じゃない」

アジアカップのオーストラリア代表から落選となったMFトロイージ【写真:Getty Images】
アジアカップのオーストラリア代表から落選となったMFトロイージ【写真:Getty Images】

前回大会の決勝で優勝弾を決めたトロイージはメンバー23人からの落選に不満爆発

 メルボルン・ビクトリーのオーストラリア代表MFジェームズ・トロイージは2015年アジアカップ優勝の立役者の一人だが、来年1月に開幕する同大会のメンバーには選ばれなかった。MF本田圭佑と同僚の30歳は「功績やパフォーマンス基に選ばれているわけじゃない」とグラハム・アーノルド代表監督の選考基準に不満を爆発させた。

 4年に1度開催される大陸王者決定戦のアジアカップは年明け1月に開幕する。前回王者として臨むオーストラリアも20日に23名の登録メンバーを発表。名古屋グランパスのGKミチェル・ランゲラックや浦和レッズFWアンドリュー・ナバウトらJリーガーも二人が選出されたなか、国内組であるメルボルン・ビクトリーMFトロイージの名はリストになかった。

 トロイージは前回大会の決勝・韓国戦(延長2-1)で決勝ゴールをマークし、初のアジアカップ制覇に大きく貢献した。所属するメルボルン・ビクトリーでも今季は開幕からレギュラーとしてプレーしているが、代表では不遇が続き、今夏のロシア・ワールドカップでは最終候補に残りながらも選外となっていた。

 アジアカップ出場も逃したトロイージは、「僕は(メンバーに)入るべきだと思う」と落選した事実に不満を示した。

「僕だけのことを言っているわけではない。このスカッドにはこれまでの功績やパフォーマンスを基準に選ばれているわけじゃないみたいだね」

トロイージは「健闘を祈っている」と代表チームへエールを送ったが、監督の選考基準に対しては疑問を呈していた。

 アジアカップのメンバー23人は以下の通り。

GK
ミチェル・ランゲラック(名古屋)
マシュー・ライアン(ブライトン)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク)

DF
アジズ・ベヒッチ(PSV)
ミロシュ・デゲネク(レッドスター)
アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ)
ライアン・グラント(シドニーFC)
マシュー・ジャーマン(アル・イテハド)
マーク・ミリガン(ハイバーニアン)
ジョッシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダーラーズ)
トレント・セインズバリー(PSV)

MF
ムスタファ・アミニ(オーフス)
クリス・イコノミディス(パース・グローリー)
ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ)
マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド)
トーマス・ロギッチ(セルティック)

FW
マーティン・ボイル(ハイバーニアン)
ロビー・クルーズ(ボーフム)
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)
アワー・メイビル(ミッティラン)
ジェイミー・マクラーレン(ハイバーニアン)
アンドリュー・ナバウト(浦和)

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング