元日本代表DF塩谷、CWCで殊勲弾! アル・アイン監督称賛「あのゴールで復活できた」

アル・アインに所属するDF塩谷司【写真:Getty Images】
アル・アインに所属するDF塩谷司【写真:Getty Images】

アル・アインが0-3から追いつきPK戦勝利 マミッチ監督は塩谷の追撃弾を勝因に挙げる

 FIFAクラブワールドカップ(W杯)は現地時間12日に開幕戦を迎え、開催国代表のアル・アイン(UAE)がオセアニア代表チーム・ウェリントン(ニュージーランド)と対戦。アル・アインは0-3から同点に追いつきPK戦で勝利したが、ゾラン・マミッチ監督は「あのゴールでチームが復活できた」と、元日本代表DF塩谷司の一撃を称賛した。

 アル・アインは前半15分までに2点を失うと、同36分には不運もあった。元鹿島アントラーズのMFカイオがカウンターからゴールを決めたかに思われたが、その起点となったディフェンスがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での確認対象とされた。この試合を裁いた佐藤隆司レフェリーは映像確認の末、アル・アインのファウルを認定し、ゴールが取り消された。

 さらに同44分にはチーム・ウェリントンに3点目が入り、試合の大勢は決したかに思われた。しかしその1分後、左サイドから攻撃参加した塩谷がタイミング良く敵陣でボールを奪うと、そのままペナルティーエリア内の左45度からファーサイドに低弾道の鋭いシュートを叩き込み、1点を返した。

 勢いに乗ったアル・アインは後半に2点を返し、延長戦後半の終了間際に退場者を出すアクシデントがあったものの、3-3からもつれ込んだPK戦を4-3で制した。試合後の記者会見でマミッチ監督は、勝利のポイントは塩谷のゴールにあったと語っている。

「あの状況(0-3)から復活するのは、とても厳しかった。しかし、前半のうちに1点を取れたことは神に感謝をしている。あのゴールでチームが復活できた。そして、あのゴールが後半の私たちへスピリットを与え、追いつくチャンスを生んでくれた」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング