神戸MFイニエスタは何が凄かった? 川崎MF中村ら対戦した選手が語る“世界レベル”

ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

川崎MF中村、横浜FMのMF天野、名古屋DF中谷をDAZNが直撃してシーズンを検証

 川崎フロンターレの2連覇で幕を閉じた2018年のJ1リーグは、AFCチャンピオンズリーグ出場権、残留争いが最終節までもつれ、近年稀に見る混戦だった。大盛り上がりのシーズンを彩ったのが、今夏にヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。ワールドクラスのテクニックと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとの強力コンビで日本のサッカーファンを魅了したが、DAZNは実際に対戦した選手たちの証言を元に、イニエスタの“日本1年目”を振り返っている。

 イニエスタは7月22日の第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)でJリーグデビュー。8月の第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で初ゴールを決めると、最終的に14試合で3得点3アシストの成績を残した。

 10月の第30節で対戦した川崎の元日本代表MF中村憲剛は、バルセロナとスペイン代表でその名を轟かせてきたイニエスタを目の前にして「ワクワクが止まらなかった」という。日本屈指のゲームメーカーが感嘆したのは、「ポジショニング」と「ルックアップ」だ。

「みんなボールを持ってからのイニエスタのプレーに注目すると思うけど、個人的には、プレーをしていない時のポジショニングというか、立ち位置がすごく良い。対戦した時はボランチで出ましたけど、ちょうど俺が行けそうでいけない、サイドの選手も絞ろうと思ってもで絞り切れないポジションでずっとプレーしていたので、これはいやらしいなと。あと、ヘッドダウンしていなくて、しっかりボールを止めた状態でいろんなところを探している。あれだけ顔が上がっているとコースが読めないし、寄せられない」

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング