J1神戸のビジャ獲得に韓国メディア驚き イニエスタらとの共闘は「欧州クラブに負けない」

ヴィッセル神戸に加入することが決まった元スペイン代表FWビジャ(右)【写真:Noriko NAGANO】
ヴィッセル神戸に加入することが決まった元スペイン代表FWビジャ(右)【写真:Noriko NAGANO】

神戸加入を一斉に報道 相次ぐ大物のJリーグ参戦に「Kリーグも関心持つべき」の声

 今季のJ1リーグは12月1日の最終節で全日程を終えたが、試合直後にヴィッセル神戸がMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCを今季限りで退団した元スペイン代表FWダビド・ビジャの獲得を正式発表した。今夏の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続くビッグネームの神戸入りを、韓国メディアも一斉に報じている。

「ダビド・ビジャもJリーグ行き、ヴィッセル神戸に入団」(スポーツ紙『スポーツ朝鮮』)
「ビジャ、年俸3億1000万円で神戸へ移籍…イニエスタと再会」(スポーツ・芸能ニュースサイト「スポータルコリア」)

 韓国のサッカー専門誌「BEST ELEVEN」は、「Jリーグが“無敵艦隊”スペインの栄光の時代の主役を、一人、二人と呼び集めている。アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)とフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)を呼び寄せ、今回はビジャまで連れてきた」と報じ、「こうした投資だけですべてが完成されるものではないが、健康的で積極的な投資をベースにした日本のJリーグの成長は、Kリーグが関心を持たなければならない部分だ」と指摘している。

 また、一般誌「東亜日報」も「スペインサッカーの全盛期を率いてきた選手が、Jリーグに関心を寄せている」とし、ビジャの神戸加入を驚きを持って伝えている。

 今回の大物移籍に関して同紙は、「ビジャの移籍が注目されるのは、同僚にイニエスタがいるからだ。日本の流通コンテンツ企業である楽天のスポンサードを受ける神戸は、大々的な投資を続けている。昨年は元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが加入し、今年はイニエスタとビジャまで呼び、欧州クラブに負けない形を作っている」と伝え、今後の神戸の動向を注視している。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング