J1前後半戦「勢い落差ランキング」 全18チーム中…「最も加速」と「最も失速」は?

前後半戦の成績差から“勢いの落差”をチェック【写真:Getty Images】
前後半戦の成績差から“勢いの落差”をチェック【写真:Getty Images】

前半戦と後半戦の順位表から明暗くっきり、前後半でそれぞれ“主役”を担ったのは?

 J1リーグは1日にシーズン最終戦の第34節が各地で行われ、最終順位が決定した。川崎フロンターレが連覇を飾り、16位のジュビロ磐田がJ1参入プレーオフに回る一方、17位の柏レイソルと18位のV・ファーレン長崎はJ2自動降格が決まっている。J1全34節を終えたなか、前半戦(1~17節)と後半戦(18~34節)の順位表とともに、前後半戦の成績差から“勢いの落差”をチェック。果たして、どのクラブが最も加速し、最も失速したのか――。

 J1は前半戦と後半戦で明暗が鮮明に分かれた。その差は二つの順位表を見ると明らかで、さらに両順位表から後半戦における好不調クラブが浮き彫りとなっている。

【図1】2018 J1リーグ 前半戦「1節~17節」成績【画像:Football ZONE web】
【図1】2018 J1リーグ 前半戦「1節~17節」成績【画像:Football ZONE web】

 前半戦(1~17節)の主役はサンフレッチェ広島だ(前半戦順位【図1】)。今季から率いる城福浩監督の下、ブラジル人FWパトリックを中心に勝ち点を積み重ね、17節を終えた段階で13勝2分2敗の勝ち点41。2位のFC東京が勝ち点34で追走していたものの、その時点で勝ち点7差がつくなど破竹の勢いを見せた。その一方、18位名古屋グランパス、17位サガン鳥栖、16位ガンバ大阪などが苦戦を強いられていた。とりわけ名古屋は17試合で2勝のみで、最少得点(15)、最多失点(33)と危機的状況に陥っていたのが分かる。

【図2】2018 J1リーグ 後半戦「18節~34節」成績【画像:Football ZONE web】
【図2】2018 J1リーグ 後半戦「18節~34節」成績【画像:Football ZONE web】

 後半戦(18~34節)の順位表【図2】に目を向けると、連覇を遂げた川崎がコンスタントに結果を残して最多勝ち点を積み重ねた一方、前半戦で低迷していたクラブの巻き返しが際立つ。なかでも第18節にレヴィー・クルピ前監督から宮本恒靖新監督にシフトしたG大阪(前半戦16位)は、第25節から破竹の9連勝。最終節こそ柏レイソルに2-4と敗れてクラブ新記録更新は逃したが、後半戦で主役級の存在感を放った。一方、後半戦では長崎が最少勝ち点でJ2降格の憂き目に遭い、前半戦2位のFC東京が一転して後半戦は17位と低迷するなど勢いが衰えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング