堂安律、“2列目トリオ”への過剰な注目を牽制 「3人でプレーするわけではない」

日本代表MF堂安【写真:Getty Images】
日本代表MF堂安【写真:Getty Images】

途中出場のキルギス戦は後半28分に中島の新体制初ゴールをアシスト

 日本代表MF堂安律(フローニンゲン)は、20日に行われた国際親善試合キルギス戦(4-0)に途中出場し、1アシストを記録した。試合後には、日々大きくなる“2列目トリオ”への注目に対し、「3人でプレーするわけではない」と牽制している。

 日本は16日の国際親善試合ベネズエラ戦(1-1)から先発11人全員を入れ替え。ベンチスタートとなった堂安は2-0で迎えた後半14分からピッチに立つと、同28分にチーム4得点目となるMF中島翔哉(ポルティモネンセ)のゴールをお膳立てした。

 中島が新体制初ゴールを決め、9月から攻撃を牽引してきた2列目の堂安、中島、MF南野拓実(ザルツブルク)の三銃士全員が森保ジャパンで得点を挙げたが、堂安はそれを意に介さない姿勢を見せた。
 
「チームは3人でプレーするわけではないし、3人が取れたから良いということもない。僕が出る時はアグレッシブなサッカーができると思っているし、ワクワクさせるようなプレーができれば良いと思っている。ジョーカーの役割を示すとか深く考えてはいないけど、与えられて役割を果たすこと。下に見るわけではないけど、こういう相手にやれないと先はないと自分にプレッシャーをかけた」

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング