DAZN潜入取材第4弾! 原博実×渡邉一平×ハリー杉山が語るJリーグの「見方・入り方・楽しみ方」とは?

ライブ配信改革に挑む「DAZN(ダゾーン)」に密着【写真:荒川祐史】
ライブ配信改革に挑む「DAZN(ダゾーン)」に密着【写真:荒川祐史】

出演者だからこそ語れる「J.ZONE PLUS」の魅力とは?

【DAZN潜入取材第1弾!】新感覚の“マルチザッピング”を楽しむ

【DAZN潜入取材第2弾!】ハリー×水沼×JOYのスペシャル座談会

【DAZN潜入取材第3弾!】新感覚のサッカー観戦法とは?

 DAZNのマルチザッピング番組「J.ZONE PLUS」の舞台裏密着企画第4弾は、MCのハリー杉山氏、解説者の渡邉一平氏、ゲストのJリーグ副理事長・原博実氏の3名に登場してもらい、座談会形式でJリーグの「見方・入り方・楽しみ方」について話してもらった。

 配信開始前の時間を割いて行われた座談会では、3人の考えが色濃く反映されたコメントが飛び交った。

   ◇   ◇   ◇

――Jリーグの新たな楽しみ方である「J.ZONE PLUS」の魅力とは?

原博実 「海外サッカーが盛んな地域を訪れると、ラジオでサッカー中継を放送しているんですよ。誰がどこで、何がどうなって、その感覚に近い番組だなと思ったね。今はネットが発達してきて様々な試合や情報が瞬時に見られるようになったことで、様々な楽しみが増えた。今のようなリーグ終盤になると、『こっちでは何が起きてる、あっちはどうだ』とみんなこっちも見たい、あっちも見たいというのがある。そういう楽しみ方が増えてきましたよね」

渡邉一平 「まさに、興味を広げられるコンテンツですよね! 代表に興味があって、そこからJリーグにも興味を持った『まだ何を見ていいか分からない人』に対して優しい番組。もちろんコアなファンにとっても、試合も見られて、裏話を聞くこともできる。サッカーの楽しさだけではなく、実はこういうこともある、というコアの入口でもあるのかな。Jリーグが気になる人に対して良いコンテンツだし、どのチームも質の高いサッカーをしている。興味が広がって、ファンの底上げができる番組だなと思います」

――YouTube配信やOptaデータ等、「J.ZONE PLUS」自体、進化し続けていますよね。進化や変化をどのように捉えていますか?

ハリー杉山 「進化や変化はとてもポジティブに感じています。日常でも、SNSを通して『J.ZONE PLUS聞いてます!』と伝えてくれるのは嬉しいです。僕はMCであって、プロのサッカー経験者ではありません。玄人でも初心者でも、サッカー好きの方々に対して一番やさしい入り口でありながら、親近感のわくメディアだと考えています。なぜなら、自分が素朴に感じた疑問が、その場にいるプロフェッショナルな方々、そして裏事情に詳しいような、今日はその中でもトップと言って過言ではない原さんもいらっしゃってます。生々しい、リアルなメディアだと感じています」

――リアルなメディア!

ハリー 「生々しさを肌で感じられるんです。特にこの終盤ですから! サッカーファンの気持ちをすごく代弁できていると思う。だって、他会場のスタジアムの途中経過は気になるじゃないですか!」

――たしかに、終盤戦は得点が動くたびに順位が気になります。
原 「個人的には現場に出向いた際は、その90分間に集中するの。そこでDAZNを利用して他の試合まで見てしまうと、何やってんだか分からなくなっちゃう。現場に行ったら現場。ただ、試合会場に行けず、自宅でDAZNの配信を見ているとさ、様々な試合をザッピングしていると得点シーンの直後であることが結構多いんだよね。他会場なんて、みんな気になってるじゃん。『あ! こっち入った』とかさ。みんなも見やすいんじゃないかな。試合会場では90分見られるけれど、そうじゃないと、それだけの時間、集中し続けるのは厳しいからね」

ハリー 「『J.ZONE PLUS』は、明治安田生命J1リーグだけではなく、J2・J3もフォーカスしていて、日本代表で活躍する中島翔哉選手、堂安律選手も、J3に出場していたわけです。将来のスターたちがJ3で輝く姿を確認できる。本当にワクワク感しかないというのを感じます」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング