プレミア勢が狙うプリシッチ、来夏にもドルトムント退団? 独メディアで意味深発言

ドルトムントのMFクリスティアン・プリシッチ【写真:Getty Images】
ドルトムントのMFクリスティアン・プリシッチ【写真:Getty Images】

今季出場機会が減少の20歳の新鋭、チェルシーやリバプールが熱視線

 ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが、今後に関し「ウィンターブレイク中に考える」とコメントしたことが分かった。同選手を巡っては、イングランドの複数クラブが関心を示しているとされ、ドイツメディア「sport.de」は来夏に退団する可能性を報じている。

 昨季ブンデスリーガ32試合に出場し、4ゴール8アシストと期待に応えてきたプリシッチだが、今季はルシアン・ファブレ監督の下、故障もあって出場機会が減少。ブンデスリーガ11試合中、7試合に出場しているものの、フルで戦ったのはわずか2試合となっている。起用されればポテンシャルの高さを見せている同選手だが、プレー時間が少ないこともあり、ここまで1ゴール2アシストとなっている。

 20歳のプリシッチはドルトムントと2020年まで契約を結んでいるが、これまでのところ契約延長には至っていない様子。チェルシー、リバプール、トットナムといったプレミアリーグの強豪が同選手について探りを入れたとも報じられているが、英紙「ガーディアン」によれば、なかでもチェルシーが獲得に関心を抱いているという。

 こうしたなか、同選手は「イングランドとプレミアリーグは、多くのサッカー選手が子どもの頃から夢見る場所だ。僕だっていつかあそこでプレーしたいと当然考えるよ」と、イングランド移籍もオプションの一つだと示唆した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング