“炎のGK”川口能活が大切にした「不動のメンタル」 神がかり的PKセーブの極意にも言及

引退記者会見に臨んだ川口能活【写真:Football ZONE web】
引退記者会見に臨んだ川口能活【写真:Football ZONE web】

絶体絶命のピンチでも動じなかった“日本の守護神”が現役引退

 J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活が14日、現役引退記者会見に出席し、25年間に及ぶプロ選手生活に別れを告げた。日本サッカー史に燦然と輝く実績を残し、数々の印象的なプレーを見せた守護神に対し、会見では様々な質問が飛んだが、「GKとして大事にしたこと」を問われると「不動のメンタル」と答え、話題は川口の象徴とも言えるPKセーブにも及んだ。

 130人もの報道陣が詰めかけた会見場で、43歳となった川口は長いプロキャリアを噛み締めるように様々な質問に答えていった。1994年の横浜マリノス(当時)加入を皮切りに、ポーツマスFC(イングランド)、FCノアシェラン(デンマーク)、ジュビロ磐田、FC岐阜、相模原と渡り歩いた一方、日本代表としてはGKで歴代1位の116試合に出場。ワールドカップ(W杯)にも4大会連続で参戦し、1996年アトランタ五輪でブラジルを1-0で撃破した“マイアミの奇跡”を演じるなど、「日本の守護神」として数々の印象的なプレーを見せてきた。

 数々の大舞台を踏みしめてきた川口は、「GKとして大事にしたこと」を問われると、「最後の砦で、頼られる存在であるべき」と語ると、次のように続けた。

「大切なのは不動のメンタルですかね。浮き沈みがあってはいけないし、それがあった時に隙を突かれるし、戦うステージがトップから遠ざかる。メンタルが非常に重要なポジションじゃないかと思う」

 メンタル面の強さを挙げた川口は、“炎の守護神”と称されるほど常に闘争心を漲らせるプレースタイルで、ゴールマウスを守り続けてきた。「自分らしさと信念、プラス変化。その適応力のバランスが高いレベルで求められる」と、あらゆる試合環境に適応しながら、ブレることのない強靭なメンタルが求められるという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング