「少しズレていたら指が折れていた」 GK川口能活が回顧、2本の“会心のセーブ”とは?

ドイツW杯グループリーグ第3戦のブラジル戦で何本もの好セーブを見せた川口【写真:Getty Images】
ドイツW杯グループリーグ第3戦のブラジル戦で何本もの好セーブを見せた川口【写真:Getty Images】

96年アトランタ五輪と06年ドイツW杯のブラジル戦で見せた2本のセーブ

 川口が一つ目に挙げたのは、1996年7月21日に行われたアトランタ五輪グループリーグ第1戦のブラジル戦だった。FWロナウド、MFリバウド、DFアウダイールらを擁した金メダル候補相手に、日本が1-0と勝利した試合は、後半27分に生まれたMF伊東輝悦(現・アスルクラロ沼津)の決勝ゴールとともに、ブラジルの猛攻を封じた川口の鬼神の如きセービングが今も多くのファンの脳裏に焼き付いているはずだ。川口も“マイアミの奇跡”と呼ばれるこの一戦の印象は強いようで、強烈な左足の弾丸シュートを誇ったDFロベルト・カルロスの一撃をキャッチしたシーンを挙げている。

 そして川口が二つ目に挙げたのは、同じくブラジルとの一戦で見せたセービングだった。

「ドイツW杯の前半でジュニーニョ・ペルナンブカーノのシュートを指先で触ったんですけど、ちょっとでもズレていたら指が折れていたかもしれない。それくらい強烈なシュートでした」

 2006年6月22日、ドイツW杯グループリーグ第3戦のブラジル戦。1分1敗で敗退危機にあった日本は、王国ブラジルの前に1-4と完敗を喫したが、川口はFW玉田圭司(現・名古屋グランパス)の一撃で先制する前半に何本もの好セーブを見せていた。そのうちの1本が、「FKの名手」として名高いMFジュニーニョ・ペルナンブカーノのシュートを防いだシーンだった。

 多くのサッカーファンにとって、思い出深い川口のセービングは他にもたくさんあるだろうが、自身は王国ブラジルとの2試合で披露した2本のセービングを、昨日のことのように振り返っていた。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング