現役引退の川口能活が熱弁 「理想のGK」に必須の4大ポイント…「見栄えは大事」

現役引退を発表したGK川口能活が理想のGK像に言及【写真:Football ZONE web】
現役引退を発表したGK川口能活が理想のGK像に言及【写真:Football ZONE web】

川口が理想のGK像に言及 指導者として「そういう選手を育てたい」

 J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活は4日に現役引退を発表し、14日に引退記者会見に臨んだ。「今まで一度も自分が完成形に近づいたと思ったことはなかった」と語った一方、「将来、指導者になった時はそういう選手を育てたい」と自身が思い描く“理想のGK像”を明かした。

 現在43歳の川口は横浜F・マリノスでプロデビューを飾り、ポーツマスFC(イングランド)、FCノアシェラン(デンマーク)、ジュビロ磐田、FC岐阜でプレー。2016年から相模原に所属していた。日本代表のGKとしては歴代1位の116試合出場を誇る。

 会見で現役生活を振り返った川口は「今まで一度も自分が完成形に近づいたと思ったことはなかったので、自分にはできなかったことを将来に指導者になった時はそういう選手を育てたい」と口にすると、理想のGK像について言及。ゴールマウスをしっかり守るという大前提を踏まえつつ、川口は理想のGKとして(1)より攻撃的なフィード(2)常に攻撃の第一歩としてプレー(3)広い守備範囲(4)失敗を恐れない、という4つのポイントを挙げている。

「サッカーとともに進化させなければいけなかったんですけど、ゴールマウスをしっかり守るのは前提に、より攻撃的なフィード、常に攻撃の第一歩としてプレーする。そして、広い守備範囲でゴールを守る。失敗を恐れないことが理想のGKだと僕は思います」

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング