窮地のG大阪を変えた宮本監督の“言葉力” 「本来の自分たち」を引き出し怒涛の7連勝

ガンバ大阪の宮本監督【写真:Getty Images】
ガンバ大阪の宮本監督【写真:Getty Images】

敵地で浦和に3-1快勝、就任14試合で勝ち点27を上積みし残留決定的

 ガンバ大阪は3日に行われたJ1リーグ第31節の敵地浦和レッズ戦に3-1で勝利し、勝ち点を42に伸ばしてJ1残留をほぼ確実なものにした。チームの立て直しに成功してリーグ7連勝とした宮本恒靖監督は、「本来の自分たちが持つ力をピッチで発揮すれば、好転するのは間違いない」と選手に自信を与えてきた。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 この浦和戦も、前半は苦しい展開を強いられた。全体的にボールを保持され、前線に入れたボールも相手の3バックを相手にFW陣がキープできなかった。そのなかでMF小野瀬康介の強烈なミドルシュートで1点を先制して折り返すと、ハーフタイムに宮本監督が修正を施す。

「前半は距離感が遠かった。ボールを奪った後に簡単に失う、サイドに持っていった後のFWや中盤の顔を出す位置のバランスが悪かった。後半は倉田がポジションを中央に移すことでサイドを空けること。アデミウソンと(ファン・)ウィジョの位置を変えたこともありましたけど、押し込んだ分で遠藤や今野が前を向くことができた」

 後半4分に同点ゴールを許したものの、その修正はピッチ全体での形成を五分以上に戻すことへつながり、FWファン・ウィジョとFWアデミウソンの2トップが1点ずつを奪って試合を決めた。特にリードを奪ってからは、浦和のプレスに対してボールを安定してキープし、危険なショートカウンターを受ける場面を作らせなかった。

 レヴィー・クルピ監督の退任を受けて宮本監督が就任したのは7月23日で、リーグ戦は折り返しの第17節を終えた段階だった。その時点でG大阪は勝ち点15の16位と、J1残留が最大のミッションとなった。そこから浦和戦までの14試合で積み上げた勝ち点は27と、まさにチームを「復活」させた。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング