レスターのヘリコプター墜落事故、英メディア関係者が目撃 「スタッフは泣いていた」

スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落し大炎上する事故が起こった【写真:Getty Images】
スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落し大炎上する事故が起こった【写真:Getty Images】

スリヴァッタナプラバ会長所有のヘリコプターが墜落し炎上、搭乗者は不明

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは現地時間27日、プレミアリーグ第10節でウェストハムと本拠地で対戦し、1-1と引き分けた。試合後、スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落して炎上する事故が発生。現地でその一部始終を目撃した英公共放送「BBC」のコメンテーターらが、当時の様子を明かしている。

 ヘリコプターは試合終了後の午後8時半頃にスタジアム内から離陸。しかし、直後にコントロールを失った機体は駐車場に墜落し、炎上した。誰が搭乗していたのかという情報は明らかになっていないものの、ヘリコプターはクラブオーナーであるヴィチャイ・スリヴァッタナプラバ氏所有のものであることは分かっている。

 事故当時、取材のために試合会場のレスター本拠地キング・パワー・スタジアムにいたBBCコメンテーターのイアン・ストリンガー氏は、現場の様子を語った。

「今夜、トップチームのバックルームスタッフが泣いているのを見た。受付周辺は静まり返って、人々は周りを見たり、泣いていて、お互いになんと声をかけていいのか分からないような状態。すごく身近なサッカークラブで、人々には固い絆がある。みんな彼(スリヴァッタナプラバ氏)を愛していたし、レスターはこのスタジアムで素晴らしいサッカーの歴史を築き、プレミアリーグ優勝も飾った」

 さらにストリンガー氏は、「今日、チェアマンがエグゼクティブシートに行く途中に私のことを見て、『やあ、元気かい』と声をかけてきたんだ。だから、私は『幸運を祈るよ』と言ったら、彼は『ありがとう』と言ったんだよ」と、試合前にスリヴァッタナプラバ氏と会話したことを明かし、まだ搭乗者は不明となっているが、事故発生が信じられない様子だった。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング