「ガクが消えた」 ヘタフェ柴崎、5戦連続出番なしの苦境をスペイン紙がレポート

ヘタフェMF柴崎岳【写真:Getty Images】
ヘタフェMF柴崎岳【写真:Getty Images】

第4節セビージャ戦に途中出場したのを最後にリーグ戦のピッチに立てず

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が苦しんでいる。ロシア・ワールドカップ(W杯)で目覚ましい活躍を見せ、飛躍が期待されたスペイン3年目は、厳しいポジション争いで後塵を拝してリーグ戦出場は2試合のみ。5戦連続出番なしの状況に、スペインメディアも「ガクが消えた」と報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 柴崎は自身初のW杯出場を果たすと、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)では日本代表MF原口元気(ハノーファー)の先制ゴールをアシストするなど、4試合に出場して存在感を放った。

 期待感高まるなかで迎えたヘタフェ2年目の2018-19シーズン、開幕戦のレアル・マドリード戦にフル出場するも0-2で敗れ、その後は現地時間9月16日のリーガ・エスパニョーラ第4節のセビージャ戦(0-2)に途中出場したのみ。ホセ・ボルダラス監督のシステムとの兼ね合いもあり、ベンチを温める日が続いている。

 スペイン紙「マルカ」は「ガクが消えた」と見出しを打って特集。瞬く間にプレーの場を失った日本人MFの現状について触れている。

「日本人はプレー時間なく5試合を積み重ね、そのうち3試合はベンチ外だった。開幕戦にサンチャゴ・ベルナベウで90分出場。そこから第4節のセビージャ戦で29分出場しただけだ。それ以来、一度もピッチで姿を目にしていない。ボルダラスは彼のポテンシャルを理解している。彼が何をもたらせるのかを。しかし、シバサキは毎日、トレーニングでボルダラスを説得しなければならない」

 森保一監督率いる日本代表の10月シリーズに招集されたが、先発出場したウルグアイ戦(4-3)では球際で競り負けるなどやや精彩を欠いた柴崎。来年1月にアジアカップを控えなか、試合勘の欠如を解消して、ポジションを奪い返せるだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング