ウルグアイ撃破の要因は攻撃だけじゃない! 敵将や相手エースも称えた日本の“影のMVP”

(左から) ウルグアイ代表のエースFWカバーニ、チームを率いるタバレス監督【写真:Getty Images】
(左から) ウルグアイ代表のエースFWカバーニ、チームを率いるタバレス監督【写真:Getty Images】

ウルグアイ戦4ゴールの攻撃陣が注目を集めるなか、敵将がG大阪のGK東口を称賛

 森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(フローニンゲン)、FW大迫勇也(ブレーメン)のゴールでFIFAランキング5位の強敵を撃破し、4発の攻撃陣に注目が集まるなか、対戦相手のオスカル・タバレス監督は試合後、攻撃陣とともにある日本の選手を称えている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は日本の若き才能たちが躍動した。前半10分にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)の絶妙なパスからMF南野が先制弾を叩き込むと、1-1で迎えた前半36分には大迫が勝ち越し弾。しかし、再び追いつかれて迎えた後半14分に堂安が決め、同21分には南野がこの日2ゴール目を挙げた。その後に1点を返されるも4-3で日本が逃げ切りに成功している。

 試合後に名将タバレスは「日本代表に祝福の言葉を送りたい。とても良いチームで、今日の勝利にふさわしかった」と称賛。さらに敗因について次のように語っている。

「後半の立ち上がりは良かった。5分で2回のチャンスを作り、1回はGKに防がれた。その後は爆発的な日本の攻撃の勢いで選手たちが消耗し、試合終盤にはフィジカルの問題が顕著に表れてしまった」

 タバレス監督は日本の攻撃に触れつつ、名前こそ上げなかったがGK東口順昭(ガンバ大阪)の好セーブを称えた。敵将が特定のポジションについて語ったのはGKのみで、その後も「日本のGKも2回決定機を防いだ」と指摘。前半のビッグセーブも含めて、勝利に貢献した東口の働きに触れている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング